米英仏と共にグアムの多国籍水陸両用演習でWAiR隊員がBUSCH製Bumpヘルメット「AMH-2」を着用して訓練に参加

国内軍事関連 Comments(0)
13日、米国領グアムをホストにした多国籍水陸両用演習がおこなわれた。演習には米海兵隊と自衛隊、仏、英の軍隊が参加。AP通信のカメラマンが捉えた写真には、陸上自衛隊から訓練に参加していた隊員の姿がはっきりと写っており、隊員が携行していた89式小銃のストック部分には、西部方面普通科連隊(西普連)を意味する「WAiR(JGSDF Western Army Infantry Regiment)」の文字が確認できる。

そして、この訓練に参加していたWAiR隊員が、見慣れないヘルメットを被っていたことが話題となっている。
その後の調べでヘルメットは、ドイツ北西部ギュータースローに本社を置くブッシュ社(BUSCH GmbH & Co. KG)の耐衝撃訓練用「AMH-2」バンプヘルメットであることが分かった。AP通信社の写真をソースに、同社公式フェイスブックがそれを認めている。


Photo from BUSCH GmbH & Co. KG
ヘルメットは新設の水陸機動団に向けて新たに納品されたものとみられ、ウィルコックス製ナイトビジョンマウントに対応する。シェル部分は、欧州規格の産業用ヘルメット(EN397)に適合するバンプヘルメットで、様々な環境下において高いレベルでの衝撃防護性能を示す他、通気性、快適性が提供されるよう設計されている。また、最新のコンフォートプロテクションパッド(CPP)サスペンションシステムと組み合わせることで、マルチインパクト&ショックプロテクション機能を発揮する。リテンションシステムには、ホイールダイヤル式の調節機構が備わっており、着脱を容易としつつもしっかりとしたホールド感を得ることができる。

そして様々なミッションに対応するよう、ヘルメットの両側面には拡張性を高めるマルチファンクション・サイドレールが備わっている。これによって、記録用の小型カメラやストロボ、フラッシュライトなどのアクセサリーや、モジュール式の保護バイザーを容易に装着できるようになる。


Photo from Armor Express

BUSCH AMH-2 Bump/Impact Training Helmet
* Rails with Speed-System Connection Point
* Advanced padding system with
* Wheel dial for ultimate sizing flexibility

* Shape(s): High Cut
* Shell Construction: Fiber Reinforced Composite
* Protection Level: Impact/Shock Absorption tested to EN 397
* Shell Size: Uni-Sized 52-63 cm (20.5-25 inches)
* Retention/Pad System: Wheel Dial and Advanced Padding System
* Weight: 1.47 lbs (=667g)

Helmet Accessories
* Non Ballistic Visor (impact tested to 100 Joules)
* Fragmentation visor (STANAG 2920 - 1,082 f/s)
* NIJ IIIA Ballistic Visor (9mm/44 Mag)
* VPAM Ballistic Visor
* 3-Hole NVG Shroud
* Helmet Cover Black or Green
* Helmet Velcro Kit
* Helmet Counter weight Kit
* Visor protective cover
* Side-rail adaptor

AMH-2 Bump/Impact Training Helmet Colors
* Black
* Green
* Yellow
* Red


同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
防衛装備庁(ATLA)が『電磁加速システム(レールガン)』を含む様々な兵器技術の研究開発とその取り組みを紹介
豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開
ニコン(Nikon)が『ブラック・オプティクス(Black Optics)』シリーズのPRサイトを立ち上げ
ニコン タクティカル用途向けマイクロドットサイト「Nikon P-TACTICAL SUPERDOT」を発売
田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート
陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 防衛装備庁(ATLA)が『電磁加速システム(レールガン)』を含む様々な兵器技術の研究開発とその取り組みを紹介 (2018-08-06 18:58)
 豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開 (2018-07-04 12:51)
 ニコン(Nikon)が『ブラック・オプティクス(Black Optics)』シリーズのPRサイトを立ち上げ (2018-06-29 13:15)
 ニコン タクティカル用途向けマイクロドットサイト「Nikon P-TACTICAL SUPERDOT」を発売 (2018-06-26 16:37)
 田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート (2018-06-08 14:30)
 陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop