日本の空を守る防衛装備庁の無人機編隊「ウィングマン」構想。2030 年代に実現か

国内軍事関連

Illustration: Japanese MoD via Aviation Week
日本の防衛省が、航空自衛隊の有人戦闘機を支援する目的として、新たに将来の無人機 (drone) 構想を掲げているという。航空専門誌のアヴィエーション・ウィークが報じている。
一報は防衛装備庁が提示した技術ロードマップを基にしたもので、無人機で構成される「ウィングマン (wingmen) 」と呼ばれる飛行隊が、斥候として差し向けられるようセンサー類を搭載するだけでなく、敵機のミサイル攻撃を誘い出し、最終的には有人戦闘機に搭乗するパイロットの命に従って攻撃を仕掛けるウェポンシステムにもなるとのこと。2030 年代での運用開始が示されている。

なお、斥候の際に無人ロボットであるウィングマンが、自律化したシステムによって意思決定をするものかどうかは現時点で明らかではないようだ。

同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
「16式機動戦闘車」の実機展示&アパッチが飛来。入場無料「OSAKA防衛防災フェスティバル2017」が3/5に開催
米大学研究チームが法執行機関向けに軽量・コンパクトを実現する「折り紙」式の防弾シールドを開発
「鉄拳2017」米海兵偵察部隊が西部方面普通科連隊と市街地環境下における近接戦の戦術を共有
警視庁主催の機動隊対抗による射撃競技会の映像が公開
国産の雄、ホーワの新型ボルトアクションライフル「HCR CHASSIS RIFLE」
2/5 オープン!! 緊張感溢れるCQBフィールド・田村装備開発の「T-MOUT」がスゴそうな予感!
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 「16式機動戦闘車」の実機展示&アパッチが飛来。入場無料「OSAKA防衛防災フェスティバル2017」が3/5に開催 (2017-02-21 12:44)
 米大学研究チームが法執行機関向けに軽量・コンパクトを実現する「折り紙」式の防弾シールドを開発 (2017-02-20 17:54)
 「鉄拳2017」米海兵偵察部隊が西部方面普通科連隊と市街地環境下における近接戦の戦術を共有 (2017-02-20 16:03)
 警視庁主催の機動隊対抗による射撃競技会の映像が公開 (2017-02-16 19:50)
 国産の雄、ホーワの新型ボルトアクションライフル「HCR CHASSIS RIFLE」 (2017-01-27 17:46)
 2/5 オープン!! 緊張感溢れるCQBフィールド・田村装備開発の「T-MOUT」がスゴそうな予感! (2017-01-14 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop