カラシニコフ社が商標権の侵害で国内のエアソフトショップに賠償請求の書簡を送付

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from Kalashnikov Concern
ロシアのニュースサイト「ライフ」は2日、カラシニコフ社(Kalashnikov Concern)の顧問弁護士が、エアソフトクラブや販売ショップに対して、無許可でAK-47、SVD、マカロフ(Makarov)のトレードマークを使用した製品が見付かったとして、知的財産権(商標権)の侵害を訴えた書簡を送りつけていたことを報じている。

関連記事:
カラシニコフ社がエアソフト界に本格参入を正式発表。製品の外観にも知財権適用を主張し各業界との交渉を開始か

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    AK-47の名前を使ったガンスミスは、150万ルーブル(=約290万円)、マカロフピストル(の権利使用)は50万ルーブル(=約97万円)の請求額が示されたとする事例の他、とあるショップでは200万ルーブル(=約390万円)、または年間50万ルーブル(=約97万円)の金額が提示された事例もあったようだ。

    賠償請求の知らせを受け取った店主は、ライフのインタビューに対して「我々にとっては大きな金額です。これでは破産してしまう…」と嘆く一方で、ロシアおよび独立国家共同体(CIS: Commonwealth of Independent States)向けニュースサイトであるビスタニュースの記事では「正規で購入する気になれない…」と心情を吐露しながらも「価格が商売的に正当化されるべきだ」とする意見も紹介されている。

    同様の書簡は、ロシア各地のエアソフト業者にも送り届けられているようだ。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
     テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定 (2018-06-20 11:49)
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop