NEWS

大手格付け機関『ムーディーズ』がドイツ銃器メーカー『H&K』を『Caa1』に格下げ。重大なリスクを指摘

海外軍事 Comments(0)

Photo from Heckler & Koch
米国の大手格付け機関『ムーディーズ(Moody's)』が、ドイツ銃器メーカー「ヘッケラーアンドコッホ(H&K AG)」社に対する信用格付け(CFR: Corporate Family Rating )を、これまでの「B3」から『Caa1(シーダブルエーワン)』へと引き下げると発表。格付見通しは「安定」から「マイナス」に変更された。

Caa1とは、財務力が極めて弱く、一部を債務不履行する可能性がある場合を指しており、その企業の信用度は、一般的に「投機的債券」みなされる。
加えてムーディーズは、「HK社が6月30日を期限とする条件付きとなっていた1億3,000万ユーロの融資について『重大なリスク』を抱えている」と指摘している。

関連記事:
H&K社が1億7千万ユーロの赤字を計上
フランス軍制式小銃FAMASの後継選定を勝ち取り、米海兵隊向けM27納入でも拡大路線を歩み、また母国ドイツではG36の後継レースで最有力視されるなど、ことビジネス面では快進撃しているように見える同社だが、一方の財務状況的には決して楽観視できない実情にある。


Screenshot from Bloomberg
ブルームバーグによると、HK社の2018年第一四半期における収入は4,620万ユーロを記録したものの、純利益について250万ユーロの減益を記録している。また国内有力紙のヴェルトによると「HK社には2018年3月末でキャッシュは僅かに1,100万ユーロしかない」「昨年は3,000万ユーロあった」とのこと。


Photo from Heckler and Koch
逆風のきっかけとなった1つには、米国の民間市場向けに投入が予定されていたサブコンパクト・ポリマーピストル『VP9SK』の発売遅延が挙げられている。
HK社は2017年4月に、米国内市場へ更に深く食い込むため、ジョージア州コロンバスに2,850万ドル(=約31.3億円)の予算を投じ、その生産施設を増強させている。5万平方フィート(=約4,650平方メートル)の面積を持ち、全ての業務を移転することが掲げられ、向こう2年間で84名の雇用創出が予定されていた。

この他にも米陸軍の「XM25」計画でオービタルATK社と対立し計画が暗礁に乗り上げた一件や、武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に不正輸出した疑いの一件では、有力国会議員への贈賄の嫌疑が掛けられるなどの不安要素を抱えている。

関連記事:
米陸軍の「XM25」計画でオービタルATKとH&K社が対立。計画が暗礁に乗り上げた内情が明らかに
メキシコ向け不正輸出でH&K社が有力議員に贈賄か。政策番組が監査報告書を独占入手

Source: Rating Action: Moody's downgrades H&K AG's CFR to Caa1; outlook negative

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop