NEWS

リヴィジョン・ミリタリー社が米陸軍から第二世代ACHの供給契約を受注

海外軍事

Photo from Revision Military
リヴィジョン・ミリタリー (Revision Military) 社が、米陸軍から第二世代アドバンスド・コンバット・ヘルメット(ACH Gen II)×293,870個を受注した。(W91CRB-17-D-0008)総額9,800万ドル(=約109億円)の案件となり、2022年3月の完納が予定されている。

関連記事:
ArmorSource 社、米陸軍に軽量型の戦闘ヘルメット「LW-ACH」を 105,000 個供給予定
米陸軍・海兵隊向け新型ヘルメット"ECH"がLRIPを受注

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ACH(Advanced Combat Helmet)は2003年、それまで使用されてきたPASGT(Personnel Armor System for Ground Troops)ヘルメットからのリプレイスを目的として、陸軍特殊作戦司令部によって試験・開発された戦闘ヘルメット。その後、様々な軍部隊で使用されている。

    陸軍は2015年以来、兵士の近代化を支援し、現行ACH以上また同等の防護性能を持つ新しい戦闘ヘルメットを模索してきた。


    Photo from Revision Military
    ACH Gen IIは、4点保持とパッド・サスペンション・システムを持っている。また、製造工程や素材選定の見直し、新技術の採用といった製品改良を追求した取り組みの結果、従来モデルと比べて最大24%もの軽量化(平均重量は3ポンド(=1,360グラム))を実現していることが最大の特徴に挙げられる。

    軽量化の実現によって、兵士の頸への負担を大きく軽減することができ、あらゆる取り組みにおける効率性の向上に期待が持たれている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か?
    米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ
    H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ
    米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像
    米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か? (2018-04-26 14:55)
     米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ (2018-04-26 13:30)
     H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ (2018-04-26 11:40)
     米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像 (2018-04-25 18:13)
     米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け (2018-04-25 16:12)
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop