スミス&ウェッソン社が新年 1/1 より「アメリカン・アウトドア・ブランズ」に社名変更

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo: via Smith & Wesson official FaceBook
米国の銃器メーカー大手のスミス&ウェッソン社 (Smith & Wesson Holding Corporation) は 13 日、株主の賛成多数によりそのホールディング・カンパニーの社名変更が決議されたことを明かした。

新たな親会社名は「アメリカン・アウトドア・ブランズ社 (AOBC: American Outdoor Brands Corporation) 」となり、新年 1 月 1 日付より切り替わることになる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    多くの事業を買収してきた同社は、現在までに①銃器部門、②製造サービス部門、③光学照準器部門、④関連アクセサリー部門と全 4 部門での事業展開を図っている。なお、主力の銃器部門については、新会社アメリカン・アウトドア・ブランズの一子会社となり、ブランドネームそのままに稼働する。

    1852 年に、ホーレス・スミス (Horace Smith) とダニエル・ウェッソン (Daniel B. Wesson) が、二人の名を冠した初のリボルバーを世に送り出したのが同社ストーリーの始まりだ。その後、同社の 44 マグナム「S&W M29」が、クリント・イーストウッド (Clint Eastwood) 主演の名作映画「ダーティーハリー (Dirty Harry) 」に登場し有名となっている。

    そして時は流れ今年 7 月。ナイフメーカーの「テイラー・ブランズ社 (Taylor Brands) 」とピストル用グリップレーザーなどで知られるクリムゾン・トレース社 (CTC: Crimson Trace Corporation) を相次いで買収。また、銃を使った大量射殺事件 (乱射事件) を機に銃規制の見直しが叫ばれる中、駆け込み需要的に銃器関連のセールスが好調であったことを背景に、今年の第一四半期では対前年比 40% 以上アップの好調なセールスを記録している。

    関連記事:
    スミス&ウェッソンがレーザーサイトのクリムゾン・トレースを 9,500 万ドルで買収
    スミス&ウェッソン社が FY2017 第一四半期の決算で「対前年比 40% アップ」の純売上高を発表

    一方で、大量購入が見込まれる米陸軍の次期制式ピストル選定「XM17 MHS (Modular Handgun System) 」においては、ゼネラル・ダイナミクス・オードナンス・アンド・タクティカル・システムズ社 (GD OTS: General Dynamics Ordnance and Tactical Systems) と戦略提携を組み、M&P ピストルをベースとして提案を出していたが、最有力候補の 1 つと見られるも、9 月の時点で早くも脱落したことが明らかになっている。

    関連記事:
    米陸軍 MHS 計画から有力候補の S&W 社が脱落。投資家向け公開情報で明らかに

    長い歴史を持つ同社の中でも激動の今年は、7 億 2,300 万ドル (=約 833 億円) の収益となった一方、2017 年度では 9 億 3,000 万ドル (=約 1,071 億円) へと飛躍することが見込まれている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    小型自動小銃「AM-17」とサイレントバージョンの「AMB-17」の動画をカラシニコフコンツェルンが公開
    元フランス外人部隊衛生兵・野田力氏による「アフガニスタン戦場救命」講話会が開催
    「我々はロックバンドではない」― 厳格な米海兵隊で再入隊の進路を阻む「タトゥー」
    ドイツ軍のG36リプレイス選定計画へ布石を打つ、タレスの新世代ブルパップ「F90MBR」が発表
    陸上部隊の車輌に搭載、「非対称戦」向け2.75インチのロケットランチャー「フレッチャー」
    マルコム・ターンブル豪首相がフィリピンへの「特殊部隊」派遣報道を否定
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     小型自動小銃「AM-17」とサイレントバージョンの「AMB-17」の動画をカラシニコフコンツェルンが公開 (2017-09-19 19:15)
     元フランス外人部隊衛生兵・野田力氏による「アフガニスタン戦場救命」講話会が開催 (2017-09-16 20:41)
     「我々はロックバンドではない」― 厳格な米海兵隊で再入隊の進路を阻む「タトゥー」 (2017-09-15 17:30)
     ドイツ軍のG36リプレイス選定計画へ布石を打つ、タレスの新世代ブルパップ「F90MBR」が発表 (2017-09-14 16:51)
     陸上部隊の車輌に搭載、「非対称戦」向け2.75インチのロケットランチャー「フレッチャー」 (2017-09-14 12:47)
     マルコム・ターンブル豪首相がフィリピンへの「特殊部隊」派遣報道を否定 (2017-09-13 17:14)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop