NEWS

『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす

海外軍事 Comments(0)

Photo from Thares Group
フランス防衛大手タレス(Thales Group)が、インドの大手防衛企業「MKU」との間で、陸軍への納入に向けて『F90 CQBライフル』とナイトビジョン/サーマル装置といった『オプトエレクトロニクス製品』の2点について、戦略的協力関係を築く覚書(MoU: Memorandum of Understanding)に署名したことを明かした。

Photo from Thares Group
オプトエレクトロニクス製品については、両社での共同開発がおこなわれる一方で、F90ライフルについては中北部の工業都市であるウッタル・プラデーシュ州カーンプルのMKU施設において現地生産される。

F90は、オーストリアで開発されたシュタイヤーAUGをベースにオーストラリアで生産されたF88の代替製品。昨年9月には、その最新発展型となる「F90MBR(Modular Bullpup Rifle)」が発表されている。

関連記事:
ドイツ軍のG36リプレイス選定計画へ布石を打つ、タレスの新世代ブルパップ「F90MBR」が発表

Sourece: MKU and Thares team up to develop optronic devices and close quarter battle rifles for the Indian Army

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定
アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる
シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得
アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定 (2018-08-17 18:20)
 アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる (2018-08-17 18:10)
 シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得 (2018-08-17 17:56)
 アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開 (2018-08-17 17:24)
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop