米国の組み立て工場で撮影された陸上自衛隊向けオスプレイ初号機

国内軍事関連

Photo credit: Paul Lawrence Braymen
イタリアの著名な航空情報サイトである「アヴィオニスト(The Avionist)」 が、陸上自衛隊向けオスプレイ初号機の写真を掲載し、話題となっている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    写真は24日に、米テキサス州アマリロにある、ベル・ヘリコプターの組み立て工場で撮影されたものとみられている。来週にもおこなわれる予定の初飛行に向けてエンジンテストがおこなわれたようだ。

    陸上自衛隊では、米海兵隊で運用されているものと同型の「V-22B ブロックC」×17機を導入予定。

    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
    陸上自衛隊が平成30年「第一空挺団 降下訓練始め」を実施
    スロベニア陸軍に軍用カスタムされたトヨタ製ランドクルーザー「MMVサバイバー」×91輌が納車
    自衛隊・警察向け訓練アイテム。純国産「タクティカル・ラバーガン(TRG)」を開発するキャロット
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
    田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート
    陸上自衛隊・西部方面隊が種子島で着上陸訓練を実施。小型偵察ボートを使った夜間訓練の公開は国内初
    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
     陸上自衛隊が平成30年「第一空挺団 降下訓練始め」を実施 (2018-01-17 13:36)
     スロベニア陸軍に軍用カスタムされたトヨタ製ランドクルーザー「MMVサバイバー」×91輌が納車 (2018-01-11 12:00)
     自衛隊・警察向け訓練アイテム。純国産「タクティカル・ラバーガン(TRG)」を開発するキャロット (2018-01-09 12:21)
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)
     田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート (2017-12-07 11:00)
     陸上自衛隊・西部方面隊が種子島で着上陸訓練を実施。小型偵察ボートを使った夜間訓練の公開は国内初 (2017-11-22 17:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop