NEWS

2017年度の米陸軍最優秀レンジャー競技会で第75レンジャー連隊の兵士が優勝

海外軍事

Photo Credit: Patrick A. Albright
2017年度の最優秀レンジャー競技会(Best Ranger Competition)が、4月7日から9日に掛けてジョージア州のフォートベニング基地でおこなわれ、第75レンジャー連隊の兵士が、参加53チームのトップに輝いた。

関連記事:
米陸軍の最優秀レンジャー競技会 (Best Ranger Competition) で史上初めて州兵が優勝

Photo Credit: Markeith Horace
マイケル・ローズ(Michael Rose)大尉とジョシュ・ホーサガー(Josh Horsager)曹長のコンビは、体力・精神・技術、レンジャー隊員として要求される様々な要素を注ぎ込み、60時間以上に渡る戦いに勝利。第2大隊のあるルイス・マコード統合基地に9年ぶりの栄冠を持ち帰っている。

なお、ローズ大尉にとっては今回のレンジャー競技会での優勝は初めてでは無く、2014年にも、第25歩兵部隊を代表して最優秀レンジャーを獲得している。このことについてローズ大尉は、「コンペは厳しいもので、私は再びこれをやり遂げることができると、自分自身に証明したかった」と語っている。

一方のホーサガー曹長は、今回で3度目の参加となり、優勝自体は初めてながらも、2013年度には2位を獲得している猛者。

そして今開催の2位には、第82空挺師団の代表者として参戦したチャド・ポール(Chad Stack Pole)曹長とカルロス・メルカド(Carlos Mercado)二等軍曹のチームが、続く3位には、昨年の優勝コンビ、州兵からロバート・キリアン(Robert Killian)大尉とエリッチ・フライドレン(Erich Friedlen)二等軍曹のチームが付けている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop