NEWS

夜間でも最大2,200m先のマンターゲットの狙撃を支援する米陸軍の『スナイパーライフル用照準器群(FWS-S)』

海外軍事

Screenshot from U.S. Army official trailer
米陸軍が、センサー通信電子合弁企業(SCEC: Sensors, Communications, and Electronics Consortium)を通じて、『狙撃銃用照準器群(FWS-S: Family of Weapons Sights - Sniper)』の試作開発に関する取り組みに向けた白書の発出を求めている。
SCECは、センサー、通信、電子科学分野における技術実証、試作計画を政府と共に主導し、複雑な環境下での兵士の運用、偵察、情報収集能力の改善を図ることを目的に創設されている。また、白書については、一歩掘り下げた内容を説明する資料となる。

関連記事:
米陸軍初のスナイパー向けクリップオン式サーマルサイトを N2 イメージング・システムズ社が受注

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    FWS-Sは、ピカティニー(MIL-STD-1913)規格レイルに対応した、デイオプティクスとタンデムに搭載する長波長赤外線(LWIR: Long-Wave InfraRed)センサーを持ち、10/12マイクロン焦点面アレイ(FPA: Focal Plane Array)によって昼夜の作戦問わず、クリップオンモードで最大2,200メートル、煙幕などの視界不良な環境下であっても最大800メートルに渡って精度の高い射撃支援を可能とする。

    関連記事:
    100キル以上の戦果を持つSASスナイパーがサーマルサイトを使って1.5Km以上先のIS司令官をヘッドショット

    陸軍が2016年度に発行した資料によると、FWS-Sの要求仕様は以下の通り。

    ・夜間におけるマンサイズ(ヒト型大)ターゲットの認知能力
     視認率70%:
     閾値(しきいち, Threshold)で1,800メートル、目標値(Objective)で2,200メートル
    ・煙幕などの視界不良時におけるマンサイズターゲットの認知能力
     視認率90%
     閾値600メートル、目標値800メートル
    ・システム全体重量
     閾値2ポンド以下、目標値1.75ポンド以下
    ・視野角(Field-of-view)
     閾値4度以上、目標値9度以上

    FWS-Sは、M107、M2010、M110スナイパーライフルでの利用を想定したものであり、その視野角は4度以上で、重量は2.5ポンド(=約1.1キログラム)以下と定められ、7時間以上の駆動が求められている。また、小型戦術光学ライフルマウント(STROM: Small Tactical Optical Rifle Mounted)やマイクロレーザーレンジファインダーなどとのワイヤレス通信機能を持つことも示されている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アメリカ陸軍 MCX自動小銃100丁を含む多数の銃器をシグ社から購入
    フランス法執行機関向けGlock17ピストルとUMPサブマシンガンの購入契約
    アメリカ陸軍 催涙ペイント弾を撃ち出して暴徒を鎮圧する「VKS」の購入契約を締結
    フランス軍の新型歩兵装備
    アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始
    米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アメリカ陸軍 MCX自動小銃100丁を含む多数の銃器をシグ社から購入 (2018-07-20 12:05)
     フランス法執行機関向けGlock17ピストルとUMPサブマシンガンの購入契約 (2018-07-18 12:15)
     アメリカ陸軍 催涙ペイント弾を撃ち出して暴徒を鎮圧する「VKS」の購入契約を締結 (2018-07-18 11:16)
     フランス軍の新型歩兵装備 (2018-07-17 12:50)
     アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始 (2018-07-12 13:33)
     米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表 (2018-07-12 13:23)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop