NEWS

米陸軍の次期制式ピストル (MHS) にシグ・サワー社の SIG P320 が選定

海外軍事

Photo By: Sgt. Michael Davis
Image is for illustration purposes only.
米国防総省は 19 日付けのプレスリリースにおいて、陸軍で長年使用されてきた M9 ピストルからのリプレイスを図ることを目的とした XM17 MHS (Modular Handgun System) 計画の事業者に、シグ・サワー社 (Sig Sauer Inc.,) が選定 (W15QKN-17-D-0016) されたことを発表した。

関連記事:
「狂犬」マティス次期米国防長官に対する公聴会の席で陸軍の次期制式ピストル選定 MHS に批判の声
入札はインターネットを介して募集され、9 件が受理されていたとのこと。シグ・サワーにとっては、絞り込み選定の末に有力視されていたグロック、FN アメリカ、ベレッタ USA を打ち負かして獲得した勝利となる。

銃本体の他、アクセサリー類および弾薬を含め、最大約 5 億 8,000 万ドル (=約 665 億円) 規模の案件となる。

国防総省の正式発表では、銃本体におけるスペックや、弾薬の口径などに繋がる具体的な追加情報は見られなかったが、既報の通りシグ・サワー社は、提案依頼書 (RfP: Request for Proposal) に対して、同社の「P320」ピストルをベースに提出しており、.40-caliber と 9mm ピストルを提案に盛り込んでいたとされる。

関連記事:
米陸軍、XM17 MHS 計画を推進。今年 8 月にも提案 12 種から 3 種への絞り込み選定を実施へ


Photo from SIG SAUER


Photo from SIG SAUER



Photo from SIG SAUER


Photo from SIG SAUER
なお、本件を詳報している Military.com によると、折しも開催中の U.S. SHOT Show の会場でシグ・サワー社は、公式コメントこそ発表していないものの、今回の大勝利の一報を受けて、シャンパンで祝杯する準備をしていたことが伝えられている。

シグ・サワー社は今後、280,000 挺のフルサイズ版と、7,000 挺のサブコンパクト版の他、陸軍以外の軍機関から 212,000 挺の追加発注を受ける可能性がある。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop