NEWS

米陸軍が初のロボット戦闘車輌の試作機を使って2021年までにテストを計画

海外軍事 Comments(0)

Image from TARDEC Ground Vehicle Robotics
Text and Image are not directly related.
米陸軍が「完全自律型ロボット戦闘車輌」の開発に向けた取り組みを進めており、そのプロトタイプを使った試験を「2021年」までにおこなう計画を掲げている。

関連記事:
米陸軍 最大で歩兵の 1/4 が無人機・ロボット化へ?
「陸軍訓練教則司令部(TRADOC: Training and Doctrine Command)操作ロボティックス・自律システム計画局(TPO-MRAS)」のウィリアム・ヌッコルス(William Nuckols)大佐はメディアのインタビューに対して、「決定的な致死性を持ち、新たな有人式車輌と共に機能する」「プラットフォームは小型で軽量なものになるだろう」「小型化することで何かと維持費も節約できる」と述べている。

TPO-MRAS(TRADOC'S Project Office for Maneuver Robotics and Autonomous Systems)は、ロボット戦闘車輌の取り組みの中で、次世代戦闘車輌の開発に向けて設置された陸軍の新局。ここでは部門間の枠組みを超えた取り組みがおこなわれている。

120㎜砲を搭載した車輌は、兵士の搭乗が無い状況で25~28トンの重量クラスを見込んでおり、例えこの重量クラスの戦闘車輌であったとしても、潜在的な「リーサリティー(致死性)」という点では、重量70トンほどのエイブラムス戦車にも引けを取らないとしている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定
アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる
シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得
アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定 (2018-08-17 18:20)
 アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる (2018-08-17 18:10)
 シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得 (2018-08-17 17:56)
 アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開 (2018-08-17 17:24)
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop