NEWS

米陸軍が初のロボット戦闘車輌の試作機を使って2021年までにテストを計画

海外軍事

Image from TARDEC Ground Vehicle Robotics
Text and Image are not directly related.
米陸軍が「完全自律型ロボット戦闘車輌」の開発に向けた取り組みを進めており、そのプロトタイプを使った試験を「2021年」までにおこなう計画を掲げている。

関連記事:
米陸軍 最大で歩兵の 1/4 が無人機・ロボット化へ?

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    「陸軍訓練教則司令部(TRADOC: Training and Doctrine Command)操作ロボティックス・自律システム計画局(TPO-MRAS)」のウィリアム・ヌッコルス(William Nuckols)大佐はメディアのインタビューに対して、「決定的な致死性を持ち、新たな有人式車輌と共に機能する」「プラットフォームは小型で軽量なものになるだろう」「小型化することで何かと維持費も節約できる」と述べている。

    TPO-MRAS(TRADOC'S Project Office for Maneuver Robotics and Autonomous Systems)は、ロボット戦闘車輌の取り組みの中で、次世代戦闘車輌の開発に向けて設置された陸軍の新局。ここでは部門間の枠組みを超えた取り組みがおこなわれている。

    120㎜砲を搭載した車輌は、兵士の搭乗が無い状況で25~28トンの重量クラスを見込んでおり、例えこの重量クラスの戦闘車輌であったとしても、潜在的な「リーサリティー(致死性)」という点では、重量70トンほどのエイブラムス戦車にも引けを取らないとしている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop