NEWS

米陸軍がM17/M18ピストル用エイミングライト『PAiL』×最大20,000セットの取得を計画

海外軍事 Comments(0)

Photo from U.S. Army Marksmanship Unit
This photo is for illustrative purposes only.
米陸軍で兵士携行火器用の精密捕捉装置の開発を担っている「PdM SPTD(Product Manager, Soldier Precision Targeting Devices)」が、ピストル用エイミングライト『PAiL(Pistol Aiming Light)』の取得に向けた情報提供を呼び掛ける市場調査を始めた。

関連記事:
素早く確実な射撃を補助する新型「多機能照準ライト(MFAL)」が試験中。米陸軍は小銃用に先行購入を希望
PAiLは、M17モジュラーピストルでの利用を想定したライトとレーザー光を照射する装置。森林や砂漠、市街地環境下における夜間・暗所での利用を想定したもので、「ホワイト光」とナイトビジョンゴーグル越しに視認できる「赤外線(IR)照射」機能を備えることが求められている。

なお情報依頼書(RFI)には、あえて「可視ポインター(visible pointer)は現在、高等機動センター(MCoE: Maneuver Center of Excellence)によって要求されていない」の一文も確認できる。

主な要件は以下の通り。
Pistol Aiming Light (PAiL)
・M17/M18の銃口より前方に突き出してはならない
・トリガーガードの最低部より突き出してはならない
・横幅は1.5インチ以下とし、M17のスライド幅を超えてはならない
・重量はM17用で5オンス、M18用で3オンス以下でなければならない
・新品バッテリーを詰めた状態で、M17用では90分、M18用では2時間のランタイムがなければならない
・電源はM17用がCR123バッテリー×2、M18用では×1個とする
・AN/PVS-14相当のナイトビジョンゴーグルを使って、M17用で25メートル、M18用では40メートル先に居る人物の顔認識を可能とする可視・近赤外線イルミネーション照射能力を持たなければならない
・M17/M18共に、近赤外線(NIR: Near Infrared)レーザービームの拡がり角は「1.5(±0.5)mrad(ミリラジアン)」であること
(1mradは100メートル先で10センチメートルのビーム幅に相当)
・ゼロサイト調整用にNIRレーザーポインターを備え、日中の明るさにおいて裸眼でも25メートル先を視認できること
・M17用は1メートルの水深で30分、M18用は10メートルの水深の「海水」で1時間の耐水性能がなければならない(OTB(over the beach)作戦の遂行を想定し、海水耐性が望ましい)
・M17用では戦術用グローブ、M18用ではすべての保護用グローブを着用した状態で、バッテリー交換を含め、全ての操作がおこなえる造りでなければならない
・リフレクター(反射鏡)を除いて反射しないコーティングが施され、外周は「コヨーテ491」より明るくなく、「コヨーテ498」より暗くない色味でなければならない

PAiL計画では2,000~20,000セットの取得が見込まれており、陸軍契約司令部は45日以内の回答と、関心ある事業者に対してサンプル×6セットの無償提出を求めている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop