NEWS

米陸軍が『次世代分隊自動小銃(NGSAR)』の試作機会通知(PON)草案を発出

海外軍事 Comments(0)

Photo from U.S. Department of Defense (DoD)
This photo is for illustration purposes only.
米陸軍契約司令部が『次世代分隊自動小銃(NGSAR: Next Generation Squad Automatic Rifle)』の試作機会通知(PON: Prototype Opportunity Notice)草案を発出した。
NGSARは「次世代分隊火器(NGSW: Next Generation Squad Weapons)」における初のバリエーションモデルで、旅団戦闘チーム(BCT: Brigade Combat Teams)で運用されてきた『M249分隊支援火器(SAW: Squad Automatic Weapon)』からのリプレイスとなる。

関連記事:
アメリカ陸軍がM249SAWを置き換える「次世代分隊自動小銃(NGSAR)」の情報提供を呼びかけ

Photo from U.S. Army MCoE Soldier Division
野心的なこの取り組みの中でNGSARは、ライフルのような射撃精度と、人間工学に基づいた使い勝手の良さを持ちながらも、マシンガン譲りの火力と射程をも併せ持つという、いわば「いいとこどり」の火器獲得を目指している。加えて銃本体の軽量化はもちろんのこと、使用弾薬自体の軽量化も図り、携行する兵士の機動力、生存性、射撃精度の向上をも企図している。こうして生み出されたNGSARは、あらゆる地形・状況の中で、接近戦・野戦においても利用されるという。


Screenshot from Maneuver Center of Excellence (MCoE) - Infantry School
NGSARについては、陸軍が3年ほど前に作成した資料の中に具体的な数値の言及が確認できる。そこには現行品と比較した「主要能力のギャップ」が掲げられており、交戦時500メートルまでのマンターゲット(人体)に対する射撃効果や、600メートルまでのポイントターゲット(点目標)に対する射撃効果にも不満を挙げている。また1,200メートルまでの距離で火力不足が否めないともしている。更には、現行品ではメンテナンス過多となっているばかりでなく、運用時の射撃音や視覚的にも目立ち過ぎ、重量があるため兵士の疲弊にも繋がることを指摘している。

3月8日までに寄せられた産業界からの意見は、それを最終的な試作機会通知に含めるかを官側で再調査・検討をおこなうとしている。なお最終の試作機会通知については、9日以降となり、26日にも提案される見込み。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定
アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる
シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得
アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定 (2018-08-17 18:20)
 アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる (2018-08-17 18:10)
 シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得 (2018-08-17 17:56)
 アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開 (2018-08-17 17:24)
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop