NEWS

アメリカ陸軍がM249SAWを置き換える「次世代分隊自動小銃(NGSAR)」の情報提供を呼びかけ

海外軍事 Comments(0)

Image from U.S. Army MCoE Soldier Division
アメリカ軍の小火器更新計画が活発な動きを見せている。先日の「7.62mm過渡的小銃」に続き、今回はM249分隊支援火器(SAW)を置き換える「次世代分隊自動小銃(NGSAR……Next Generation Squad Automatic Rifle)」に関して、各メーカーの関心を問う公告が出された。

Photo By: Eric Lucero

アメリカ陸軍ピカティニー造兵廠が出した公告によれば、アメリカ陸軍は現在のSAWよりも軽量・短小でより射程の長いNGSARについて興味を深めている。有効射程は最低限600m、望ましくは1200m、重さは弾倉含まず最高12ポンド(約5.4kg)、可能なら8ポンド(約3.6kg)、全長は98cm~89cmとなっており、現在のM249の17ポンド・103.5cmというスペックよりも取り回しやすくなり、有効射程も長くなる。重量については「現在の同程度の弾薬よりも20~50%軽量であること」という記述もあり、使用口径の変更、そしてこちらも研究が進む樹脂薬莢弾薬も念頭に置かれているようだ。


Image from U.S. Army MCoE Soldier Division
サイレンサーの使用はもちろん、必須スペックとして「化学兵器・生物兵器・放射線兵器・ハッキングに加え、核攻撃・電磁気的パルスによる攻撃に耐えることが望ましい」とするなど電子式照準支援装置の使用を前提としていることが伺える記述がある。機構も様々で、陸軍の資料ではこうしたブルパップ式のNGSARの予想図もある。まだまだ模索の段階であるようだ。

Source: Next Generation Squad Automatic Rifle - W15QKN17X0A31 - Federal Business Opportunities: Opportunities

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201706
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop