NEWS

米陸軍初の歩兵用ヘッドアップディスプレイ『HUD 3.0』が2019年にテスト予定

海外軍事

Courtesy Photo
This photo is for illustration purposes only.
米陸軍初の『歩兵用ヘッドアップディスプレイ(HUD: Heads-Up Display)』が、2019年にもテストされる予定にある。26日から28日の会期で開催された「陸軍協議会(AUSA: Association of the United States Army)グローバルフォース・シンポジウム」で明かされた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Courtesy Photo
    This photo is for illustration purposes only.

    『HUD 3.0』と呼ばれるこの拡張現実(AR: Augmented Reality)システムによって、兵士は自身がどこにいて、友軍がどう配置されており、敵がどこにいるのかをすぐに掌握できるようになる。これによって従来の様な地図を使って部隊の位置情報を把握する必要がなくなるばかりか、その情報収集過程のスピードアップ化が進み、結果的に戦闘の効率化とその迅速化を促すことが可能になる。

    関連記事:
    米陸軍遠征戦士実験・技術展示(AEWE)で『兵士視覚インタフェース技術(SVIT)』の試験評価を実施

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か?
    米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ
    H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ
    米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像
    米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か? (2018-04-26 14:55)
     米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ (2018-04-26 13:30)
     H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ (2018-04-26 11:40)
     米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像 (2018-04-25 18:13)
     米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け (2018-04-25 16:12)
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop