NEWS

米陸軍遠征戦士実験・技術展示(AEWE)で『兵士視覚インタフェース技術(SVIT)』の試験評価を実施

海外軍事 Comments(0)

U.S. Army Photos by Angie DePuydt
米ジョージア州フォートベニングで、陸軍の「遠征戦士実験(AEWE: Army Expeditionary Warrior Experiments)」技術展示がおこなわれた。
英陸軍から派遣された兵士と共に、陸軍の実験部隊(EXFOR: Experimental Force)が、実戦想定の対抗訓練「フォース・オン・フォース(FoF: Force on Force)」の準備(=STX Lanes)をおこなっており、その際の写真が公開されている。

「分隊状況訓練レーン(STX: Squad Situational Training Lanes)」は、特定のプロトタイプ技術の評価に重点を置いたもので、実戦下で如何にして新技術を戦術・戦技へ落とし込みを図るかを想定した訓練となっている。

U.S. Army Photos by Angie DePuydt
完成度こそ未知数ながらも、公開された写真の中には『兵士視覚インタフェース技術(SVIT: Soldier Visual Interface Technology)』が投入されたとみられる新アイテムを使用した兵士の姿が確認できる。
SVITは、陸軍の「高等機動支援センター(MSCoE: Maneuver Support Center of Excellence)」がその資金提供をおこない開発が進められている。重量は僅か4.8オンス(=約136グラム)という軽量のヘルメット・マウント・ディスプレイ(HUD)となっている。

関連記事:
状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術


Photo from AEWE 2018
日中は「ヘッドマウントディスプレイ」または「AN/PSQ-39」と「FWS-I(Family of Weapon Sight-Individual)」の状況認識用ヘッドアップディスプレイに、そして夜間・低照明下では「急速目標補足(RTA: Rapid Target Acquisition)」へ無線接続する。アイコンやグラフィックスによる状況認識を向上させ、兵士の視覚および「ネットウォーリアー(Nett Warrior)」のエンドユーザーデバイスに映し出すことができる。
兵士に必要な情報を視覚的に提供している他、ブームマイクを通じた発話指示の利用をおこなうなどで、視線を大きく移動させることなく、目標捕捉に掛かる時間を短縮し、リーサリティー(殺傷力)の向上を狙っている。

AEWE 2018では30を超える試作技術が投入されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop