NEWS

米陸軍の回転翼機三種 (UH-60、AH-64、CH-47) のリプレイスを図る次世代ヘリコプター計画

海外軍事
10 月 3 日 (月) から 5 日 (水) を会期とし、米国ワシントンで開催される防衛フォーラム「2016 AUSA (Association of the United States Army) 」に向けて、陸軍の将来垂直離着陸機 (FLV: Future Vertical Lift) 計画に基づく統合多目的技術実証機 (JMR-TD: Joint Multi Role-Technology Demonstrator) を紹介する映像が公開された。

関連記事:
第3世代 チルトローター機コンセプト「V-280 Valor」
米陸軍の技術者が考える未来の航空機隊の定義

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    これらの次世代ヘリコプターでは、1962 年に運用の始まった CH-47 チヌークを筆頭に、1979 年運用開始の UH-60 ブラックホーク、1984 年の AH-64 アパッチと、いずれも 30 年以上の古参であり、老朽化の進んだ回転翼三機種をリプレイスする計画となっている。

    JMR 計画では、より速く、敏捷性に優れ、多くの人員や物資を従来以上に遠くへ運ぶことを目標としており、共通したデザイン設計を採用することによって、限られた予算の中でも将来に向けた性能向上の実現を狙うものとなっている。

    最終的な総額予算は最大 1,000 億ドル (=約 10 兆円) 規模となり、2,000 ~ 4,000 機の調達が見込まれている。

    JMR の実証機を使った初飛行は 2017 年度中の実施が見込まれている。ベルが開発中のチルトローター機 V-280 ヴェイラーと、ボーイングとシコルスキーが開発している二重反転式ローター機 S-97 レイダーは 2017 年度に間に合わす計画である一方、カレーム・エアクラフトは翌年以降の 2018 年または 2019 年で予定されている。

    映像中で紹介された機体の内の 1 つが、陸軍の次世代ヘリコプターのベースモデルになる見込み。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop