米四軍と『沿岸警備隊』もシグ社の「MHS」を発注

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo by Petty Officer 2nd Class Tara Molle
This photo is for illustration purposes only.
米四軍(陸・海・空・海兵)だけでなく『沿岸警備隊(Coast Guard)』もシグ・サワー(SIG Sauer)社製の『モジュラー・ハンドガン・システム(MHS: Modular Handgun System)』の発注をおこない、海兵隊・空軍・海軍と共に今年末から来年初めに掛けて配備される見込みにあることが分かった。
大手軍事情報サイト「ミリタリードットコム」が、シグ社幹部へのメールインタビューを実施し、その回答内容を明かしている。

Photo by Staff Sgt. Taresha Hill
陸軍との契約の中で、その他軍での購入も確認済とのこと。陸軍は195,000挺のMHSピストルを購入予定で、その大部分はフルサイズモデルである『M17』になるとみられている。また海兵隊については、35,000挺(@単価180ドル(=約1.9万円))の購入予算を計上しており、コンパクトモデルの『M18』を求める傾向にあるようだ。

関連記事:
米海兵隊が2019会計年度で陸軍の新型MHS×35,000挺の購入予算を計上

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop