NEWS

アメリカ軍SOCOMがサイレンサー一体型アッパーレシーバーM4計画「SURG」を再開

海外軍事

U.S. Army Photo by Angie DePuydt
先日、中止となったアメリカ軍特殊作戦コマンド(SOCOM)のサイレンサー一体型アッパーレシーバーM4計画「SURG」について、その後SOCOM傘下のアメリカ軍統合特殊作戦コマンド(JSOC)が計画を引き継いでいたことがわかったが、再びSOCOMの管轄になったことが明らかになった。

関連記事:
サイレンサー一体型アッパーレシーバーM4計画「SURG」の入札が中止に
アメリカ軍統合特殊作戦コマンドが新型機関銃・狙撃銃・静音自動小銃の導入を計画中
NDAD社の5.56mm/300BLK兼用のAR-15用サプレッサー一体型アッパーレシーバー

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    SURGの開発については、これまで紹介してきたように軍の研究機関・民間企業を問わず様々なアイディアが出されたが、それでも軍の要求を満たすレベルのものが提出されなかったため中止されたという経緯がある。計画が実現したとしても私達の目に触れるのは当分先のことになると思われるが、どのように高い静穏化とコンパクト化の両立が達成されるのかが楽しみだ。

    Source: Suppress Upper Receiver Group - H92222-17-R-0011 - Federal Business Opportunities: Opportunities

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201703
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop