NEWS

アメリカ陸軍特殊部隊の生誕30周年を記念する動画が公開

海外軍事
アメリカ陸軍特殊部隊が書類上で誕生したのは1987年4月9日。それまでは正式な兵種ではなかった「特殊部隊」を合衆国法典第10編3063項(a)が定める「(13)アメリカ合衆国陸軍長官が必要と認めた兵種」の1つとして設立するよう、当時のジョン・ウィッカム(John Wickham)陸軍参謀総長が陸軍一般命令第35号を出した日である。
それ以前の「特殊部隊」は、CIAの前身になったOSSなど色々な形で存在していた。陸軍に初めての特殊部隊、第10特殊作戦グループが設立されたのは1952年である。「10」の数字は、他に同様の部隊がいると誤認させるために選ばれたという。当初は心理戦・非正規戦を研究する合衆国陸軍心理戦センターの下に設けられ、東側ブロックへの浸透を狙っていた。

関連記事:
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ陸軍特殊部隊 USASOC編

初めての特殊部隊は「外人部隊」になる予定でもあった。59年に廃止された「ロッジ法」は、アメリカ市民ではない者を正規軍として雇うことを許可するものであったが、第10特殊作戦グループはこの法律を利用し、構成人員の半数以上をフィンランドなど東側ブロック出身の人間にする予定であったという。

親米的な勢力を指導し、戦力に育てるのが彼ら「グリーンベレー」の役割。非正規戦がこれからも続く以上、彼らの活躍も終わることはない。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201704
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態 (2017-04-25 20:15)
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop