NEWS

米海兵隊が快適・機能性を追求したエルボー&ニーパッドと「分隊共通光学器」の取得を計画

海外軍事

Photo by Staff Sgt. Grigori LopezGarcia
This photo is for illustration purposes only.
米バージニア州クアンティコで19日に開幕した「モダーン・デイ・マリーン(Modern Day Marine)2017」に登壇したマイケル・マニング(Michael Manning)大佐が、海兵隊の希求する個人装備の刷新計画に言及。そのウィッシュリストからは、新装備の取得に旺盛な意欲が示されている。

既報の通り、海兵隊は軽量で嵩張りを抑え、耐久性と機能性を持つ新型製品の開発などを計画している。その中では軽量で柔軟性の高いボディーアーマー、快適性を追求した個人装具の他に、ライフルバレルに内蔵式となったサプレッサー取得などに向けた取り組みが進められている。

関連記事:
新型ボディーアーマー、防弾プレート、バックパック、戦闘ヘルメット…改良が進む米海兵隊の個人装備
「サイレンサーで実射性能は変わるのか」アメリカ海兵隊が実験動画を公開

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo By: Cpl. Alexander Mitchell
    This photo is for illustration purposes only.
    マニング大佐はまた、装着時の快適性・機能性を追求した新たな「エルボーパッド」「ニーパッド」の取得や「分隊共通光学器(SCO: Squad Common Optic)」の取得に取り組んでいることにも言及している。
    現行で使用しているエルボーパッド、ニーパッドは、着用時に快適性が無いことや、簡単にずれ落ちてしまうなどの理由から、隊員の間で着用されていない傾向を問題視している。
    一方の光学機器については、「過去10年間、我々は多くの技術改良をおこなってきたが、これまでになかったことは、これらすべての改良点を単一の光学系に統合することだ」「今や我々は、複数の光学機器を搭載している歩兵チームを運用しており、余分な重量を増やすことなく、統合化を図る必要がある」と述べ、新型の開発とその取得における必要性を唱えている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    敵目前にジャムを起こしたグロックで3名の敵を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発
    フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し
    「国産」と偽り中国製ブーツを米軍に納入していた『ウェルコ社』幹部5名に判決
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝 (2018-06-19 16:08)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発 (2018-06-18 22:20)
     フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し (2018-06-18 21:04)
     「国産」と偽り中国製ブーツを米軍に納入していた『ウェルコ社』幹部5名に判決 (2018-06-15 16:22)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop