NEWS

米海兵隊が快適・機能性を追求したエルボー&ニーパッドと「分隊共通光学器」の取得を計画

海外軍事 Comments(0)

Photo by Staff Sgt. Grigori LopezGarcia
This photo is for illustration purposes only.
米バージニア州クアンティコで19日に開幕した「モダーン・デイ・マリーン(Modern Day Marine)2017」に登壇したマイケル・マニング(Michael Manning)大佐が、海兵隊の希求する個人装備の刷新計画に言及。そのウィッシュリストからは、新装備の取得に旺盛な意欲が示されている。

既報の通り、海兵隊は軽量で嵩張りを抑え、耐久性と機能性を持つ新型製品の開発などを計画している。その中では軽量で柔軟性の高いボディーアーマー、快適性を追求した個人装具の他に、ライフルバレルに内蔵式となったサプレッサー取得などに向けた取り組みが進められている。

関連記事:
新型ボディーアーマー、防弾プレート、バックパック、戦闘ヘルメット…改良が進む米海兵隊の個人装備
「サイレンサーで実射性能は変わるのか」アメリカ海兵隊が実験動画を公開

Photo By: Cpl. Alexander Mitchell
This photo is for illustration purposes only.
マニング大佐はまた、装着時の快適性・機能性を追求した新たな「エルボーパッド」「ニーパッド」の取得や「分隊共通光学器(SCO: Squad Common Optic)」の取得に取り組んでいることにも言及している。
現行で使用しているエルボーパッド、ニーパッドは、着用時に快適性が無いことや、簡単にずれ落ちてしまうなどの理由から、隊員の間で着用されていない傾向を問題視している。
一方の光学機器については、「過去10年間、我々は多くの技術改良をおこなってきたが、これまでになかったことは、これらすべての改良点を単一の光学系に統合することだ」「今や我々は、複数の光学機器を搭載している歩兵チームを運用しており、余分な重量を増やすことなく、統合化を図る必要がある」と述べ、新型の開発とその取得における必要性を唱えている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop