NEWS

「サイレンサーで実射性能は変わるのか」アメリカ海兵隊が実験動画を公開

海外軍事 Comments(0)
「サイレンサーで実射性能は変わるのか」アメリカ海兵隊が実験動画を公開
銃口に取り付けると音量が小さくなる代わりに命中精度や弾速が落ちる……サイレンサーに関するこんな「常識」について、アメリカ海兵隊が実験動画を公開している。

動画では弾速計を用いて、サイレンサーを装着した場合とそうでない場合の弾速を比較。結果、サイレンサーを装着しても弾速は変化しないということがわかった。音量をより小さくするために亜音速弾を使用した場合は影響があるが、そうでなければ大きな変化はないという。
「サイレンサーで実射性能は変わるのか」アメリカ海兵隊が実験動画を公開
Photo by Lance Cpl. Sarah Petrock
最近、アメリカ海兵隊ではサイレンサーの大量導入を検討しており、先日は第2海兵師団第1大隊B中隊の全員がサイレンサーを装備してノルウェーへ派遣されたばかり。

実証実験ではサイレンサーを装着することで、肉声での指示が通りやすくなってより広く間隔をとれる、耳を傷めにくい、奇襲の効果が上がるなどのメリットがすでに確認されている。使用されているSureFire社製のサイレンサーにも大きな問題が発生していない。しかしながら海兵隊全体に装備させるには、70万ドル(約7800万円)という費用がかかると予想されており、財政緊縮の折、これをどうクリアするかが課題となる。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201706
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ケニアホテル襲撃事件」単独突入しテロリスト2名を殺害。700名を救ったSAS隊員に勲章授与
米軍特殊部隊用の軽量ポリエチレン製ボディーアーマーシステムが戦闘評価試験中
米連邦事業機会の調達公告ネットサービス「FedBizOpps」が終了し『SAM.gov』にリプレイス
ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か
ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ケニアホテル襲撃事件」単独突入しテロリスト2名を殺害。700名を救ったSAS隊員に勲章授与 (2019-11-15 18:27)
 米軍特殊部隊用の軽量ポリエチレン製ボディーアーマーシステムが戦闘評価試験中 (2019-11-14 11:45)
 米連邦事業機会の調達公告ネットサービス「FedBizOpps」が終了し『SAM.gov』にリプレイス (2019-11-13 15:49)
 ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か (2019-11-11 13:58)
 ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入 (2019-11-08 11:21)
 米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開 (2019-11-07 10:40)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop