故ミハイル・カラシニコフ氏の子息、銃器デザイナーの『ヴィクトル・カラシニコフ』氏が死去。享年75歳

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Wikimedia Commons
「AK-47」アサルトライフルを開発した「ミハイル・カラシニコフ(Mikhail Kalashnikov)」氏の子息、『ヴィクトル・カラシニコフ(Viktor Kalashnikov)』氏が27日に死去した。「カラシニコフ・イジェフスク技術大学」広報課が翌28日付で発表。死因は明らかになっていない。
(1952創設の同大学は、60周年を迎えた2012年に「カラシニコフ」の名を冠していている)

Photo from Wikimedia Commons
ヴィクトル氏は、1942年7月16日に父ミハイル氏と後妻との間に誕生。ミハイル氏と後妻は4人の子宝に恵まれており、男子はヴィクトル氏のみ。

関連記事:
自動小銃 AK-47 生みの親「ミハイル・カラシニコフ」氏が死去、94 歳

1966年にイジェフスクの機械研究所を卒業し、同機械工場に就職。主任設計局の下で新製品の開発に携わり、信頼性・耐久性の改善に大きく貢献している。
また、セルフローディング式の狩猟用ライフルやカラシニコフ式機関銃の開発にも参加。AN-94 "アバカン" アサルトライフルや、Bizon-2、Vityaz-SNサブマシンガンの設計に携わっている。

カラシニコフ社(Kalashnikov Concern)によると、ヴィクトル氏の遺体は30日にも地元イジェフスクの墓地に埋葬されるという。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop