NEWS

Gun Professionals 7月号は5月27日発売

専門誌 Comments(0)
Gun Professionals 7月号は5月27日発売Gun Professionals 7月号は5月27日発売
タクティカル・カービンから21世紀のデジネイテッド・マークスマンライフルまで!

銃・射撃の専門誌ガンプロフェッショナルズ7月号は、19世紀のタクティカル・カービンから21世紀のデジネイテッド・マークスマンライフルまで非常に多彩なモデルを網羅しました。

ドイツ軍がアフガン派兵部隊に採用したG28と、その同一仕様となる警察用DMR762について、床井雅美がその細部までレポートしています。これは5.56mmでは対応できない長距離からの攻撃に対応する7.62mmの簡易型スナイパーライフルです。デザートイーグル1911は、マグナムリサーチがデザートイーグルのブランドを冠して市場に送り出した1911ですが、これは単なる1911クローンではありません。極めて高精度に仕上げられた普及価格の1911です。

南部式自動拳銃は、2012年11月号で床井雅美による詳細レポートを掲載しましたが、今回はTurkが別の視点からレポート、完全分解と実射もおこなっています。S&W最小フレームのリボルバーであるJフレームについて、チーフ、センチニアル、ボディガードの3種類を集め、Toshiが得意の熱い視点でその魅力を紹介します。単発銃が主流の時代にレバーアクション連発式として登場したスペンサー・カービンは、NHKの大河ドラマに登場、大いに注目を集めています。

19世紀のスペンサー・カービン・オリジナルモデルは.56口径のリムファイア弾が入手できないので実射はできませんが、センターファイアに改良したレプリカを使用、キャプテン中井がその実射性能をレポートします。再び実戦配備されるようになったロシアのスチェッキンについてもフルオートモデルのレポートがハンガリーから入ります。

その他、登場から10年が経過したベレッタCx4やタラン・バトラーのカスタムパーツ、最新鋭クロノグラフなどもご紹介しています。

書名:Gun Professionals 2013年7月号
定価:1,200円(本体1,143円)
雑誌コード:02649-07
JANコード:4910026490739
判型:B5判



同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行
元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』
L.ネヴィル著/床井雅美監訳『欧州対テロ部隊─進化する戦術と最新装備』
『MP5サブマシンガン対テロ部隊最強の精密射撃マシン(The MP5: Osprey Weapon Series)』
「自衛隊の今がわかる本」出版記念トークショーが2/2(土)大阪ロフトプラスワンウエストで開催
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行 (2019-09-11 11:09)
 元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』 (2019-06-28 12:59)
 L.ネヴィル著/床井雅美監訳『欧州対テロ部隊─進化する戦術と最新装備』 (2019-04-09 14:54)
 『MP5サブマシンガン対テロ部隊最強の精密射撃マシン(The MP5: Osprey Weapon Series)』 (2019-02-01 12:48)
 「自衛隊の今がわかる本」出版記念トークショーが2/2(土)大阪ロフトプラスワンウエストで開催 (2019-01-25 12:51)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop