NEWS

2/14 発売「AKライフルの軌跡 追悼 ミハエル・カラシニコフ」

専門誌 Comments(0)
2/14 発売「AKライフルの軌跡 追悼 ミハエル・カラシニコフ」2/14 発売「AKライフルの軌跡 追悼 ミハエル・カラシニコフ」
月刊 Gun Professionals の発行でもお馴染みのホビージャパンより、昨年 12 月に逝去した旧ソ連の銃器設計者で自動小銃 AK-47 の生みの親、Mikhail Kalashnikov (ミハイル・カラシニコフ) 氏を追悼し、その傑作 AK ライフルの軌跡を追う新刊が 2 月 14 日 (金) に発売される。

ミハエル・カラシニコフ氏の94年間を辿る
2013年12月にこの世を去ったミハエル・カラシニコフ94年間の足跡を追います。
1919年の誕生からシベリアへの強制移住、脱走を経て、大祖国戦争で負傷、祖国を守るために銃器開発を行い、その後AKを開発、その改良を続け、ソビエト崩壊後、大きな転換を迎えてもなお祖国に尽くしたカラシニコフ氏の94年間を辿ります。

【記事内容】
●AKメカニズム
 AKの最大の特徴である圧倒的な作動性能を発揮するメカニズムを詳細に解説
●AK-47から最新のAK-12まで
 AK-47から AK-74, AK-100, AK-12に続く改良、発展の流れ
●紛争地帯のAK
 1億挺以上が存在し、冷戦終結後に世界中に拡散したAKを紛争地帯で追う。
●AK射撃性能
 過酷な環境でも確実に作動するといわれているAKの実射性能を探る
●AK使用弾 7.62×39mmと5.45×39mmのスペックと開発経緯
●AKが投入された戦場と紛争 全リスト
●世界中に広がったAK一覧

AKライフルの軌跡~追悼 ミハエル・カラシニコフ~
定価:1,890円(本体1,800円)
雑誌コード:68146-52
JANコード:9784798607702
判型:A4判


同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』
L.ネヴィル著/床井雅美監訳『欧州対テロ部隊─進化する戦術と最新装備』
『MP5サブマシンガン対テロ部隊最強の精密射撃マシン(The MP5: Osprey Weapon Series)』
「自衛隊の今がわかる本」出版記念トークショーが2/2(土)大阪ロフトプラスワンウエストで開催
ミリタリーナレッジレポーツvol.22『スナイパーとして知っておくべきこと/Sniper The Basics』
ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』 (2019-06-28 12:59)
 L.ネヴィル著/床井雅美監訳『欧州対テロ部隊─進化する戦術と最新装備』 (2019-04-09 14:54)
 『MP5サブマシンガン対テロ部隊最強の精密射撃マシン(The MP5: Osprey Weapon Series)』 (2019-02-01 12:48)
 「自衛隊の今がわかる本」出版記念トークショーが2/2(土)大阪ロフトプラスワンウエストで開催 (2019-01-25 12:51)
 ミリタリーナレッジレポーツvol.22『スナイパーとして知っておくべきこと/Sniper The Basics』 (2018-12-12 16:06)
 ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売 (2018-11-01 17:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop