NEWS

MIL SPEC MAGAZINE VOL.2 陸上自衛隊編

専門誌 Comments(0)
ミリタリーマニアのための専門的MOOKシリーズ第2弾
今回のテーマは陸上自衛隊。
「MIL SPEC MAGAZINE VOL.2 陸上自衛隊編」

毎回1つのテーマに絞って徹底的に掘り下げていく専門MOOK「MIL SPEC MAGAZINE(ミルスペック マガジン)」の第2弾、「MIL SPEC MAGAZINE VOL.2 陸上自衛隊編」が2009年3月31日(火)に発売!

今号での注目の特集は「自衛隊体育学校」。あまり知られていない自衛隊体育学校を大きく取り上げ、普段目にすることができない自衛隊のもう一つの顔をクローズアップします。

また、ヤキマ訓練センターでの2008年度派米演習をはじめとするさまざまなレポートも充実。テロ・ゲリラに対応することを目的とした特殊部隊的な訓練(ゲリコマ対処)重視から、正面戦闘重視へと再び回帰しつつある、変わりゆく自衛隊の姿をお見せします。

その他、土浦の「武器学校」取材を敢行し、M57Aけん銃をはじめとした自衛隊の試作銃に迫るなど、今回も徹底的に掘り下げた充実の内容となっています。


【特集】
■日本唯一のアスリート育成機関 - 自衛隊学校 - その知られざる姿
日本唯一の国営のアスリート養成機関であり、3自衛隊共通組織として運営されている。射撃やレスリングといった競技でオリンピック選手を数多く輩出しているが、それ以外ではあまり知られていない。本書ではその実態にせまる。

また、アテネオリンピックにも日本代表として出場した、この体育学校に所属する現役陸曹・小西ゆかり選手が表紙&インタビューで登場します。

■CALFEX 2008
アメリカ合衆国本土、ヤキマ訓練センターで行われる派米演習。いよいよ普通科を交えた戦闘訓練まで行われるようになった。そのCALFEX2008の様子を徹底紹介します。
その他にも、FTX(日米共同演習)をはじめ、さまざまなレポートを掲載します。


書名:MIL SPEC MAGAZINE VOL.2 陸上自衛隊編
発売日:2009年3月31日(火)
定価:1,800円(本体1,714円)
装丁:A4判・平綴じ・オールカラー116ページ
雑誌コード:68143-83 ISBNコード:978-4-89425-838-9

ホビージャパン公式サイト
http://www.hobbyjapan.co.jp/
⇒関連記事:ホビージャパン:ミルスペックマガジン VOL.2 陸上自衛隊編 3月31日発売 / TOYGUN.JP


同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売
元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』
専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン
野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版
ソ連時代の特殊部隊員が綴る「AK-47」解説書籍が発売
同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.21「ハンドガン/ライフル上達ドリル」
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売 (2018-11-01 17:16)
 元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』 (2018-09-14 14:45)
 専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン (2018-08-27 19:50)
 野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版 (2018-08-27 19:13)
 ソ連時代の特殊部隊員が綴る「AK-47」解説書籍が発売 (2018-08-09 14:14)
 同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.21「ハンドガン/ライフル上達ドリル」 (2018-07-18 11:37)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop