NEWS

「米軍スナイパー課程」を特集、同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.10 が V ショーで発売

専門誌 Comments(0)
軍事専門の同人誌、ミリタリーナレッジレポーツの最新号となる vol.10 が 7 月 5 日 (日) に開催される第 77 回ビクトリーショーで発売される。今回のナレッジレポーツで収録される特集内容は、「アメリカ軍スナイパー課程~エリートが生み出されるプロセス~」となっている。

7/5に開催されるビクトリーショーにて、ミリタリナレッジレポーツVOL10 「アメリカ軍スナイパー課程」を発売いたします。

今回のナレッジレポーツは、過去VOL3およびVOL4の「スナイパー 理論と実戦」にて書き足らなかった分やその後に発見した新たな資料・事実をまとめたもので、いわばスナイパーの総決算のような位置づけとなっております。

とくに、近年のスナイパーは、単なる狙撃手というだけでなく、敵情を偵察して後方へ連絡したり、空爆を要請したりと戦術の要となっていることが改めて理解していただけると思います。

今後、要望があれば、弾道学とスナイパー(狙撃)についての本も制作したいと考えております。


同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
ミリタリーナレッジレポーツvol.22『スナイパーとして知っておくべきこと/Sniper The Basics』
ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売
元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』
専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン
野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版
ソ連時代の特殊部隊員が綴る「AK-47」解説書籍が発売
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 ミリタリーナレッジレポーツvol.22『スナイパーとして知っておくべきこと/Sniper The Basics』 (2018-12-12 16:06)
 ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売 (2018-11-01 17:16)
 元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』 (2018-09-14 14:45)
 専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン (2018-08-27 19:50)
 野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版 (2018-08-27 19:13)
 ソ連時代の特殊部隊員が綴る「AK-47」解説書籍が発売 (2018-08-09 14:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop