NEWS

L.ネヴィル著/床井雅美監訳『欧州対テロ部隊─進化する戦術と最新装備』

専門誌 Comments(0)
L.ネヴィル著/床井雅美監訳『欧州対テロ部隊─進化する戦術と最新装備』L.ネヴィル著/床井雅美監訳『欧州対テロ部隊─進化する戦術と最新装備』

並木書房より『欧州対テロ部隊─進化する戦術と最新装備』が刊行となり、8日より販売が始まった。
本書はイラク、アフガニスタン戦争の武器等に関する書籍を数多く執筆してきたオーストラリア人軍事ジャーナリスト「L・ネヴィル」氏を著者とし、日本人小火器研究の権威である床井雅美氏が監訳者に、また茂木作太郎氏が訳者として関わっている。
四六判200ページ(オールカラー)、定価1,800円+税。

『欧州対テロ部隊─進化する戦術と最新装備』
1972年のミュンヘン・オリンピック襲撃事件は、国際テロの危険性について世界に警鐘を鳴らした。それから数週間以内に主要国の警察・軍隊の内部にテロ対処専門部隊が発足し、これらの部隊は西ヨーロッパにおけるテロ対策の前衛部隊となった。その後もテロ組織からの新たな脅威に対抗して対テロ部隊の戦術と装備は大きく進化を遂げた。

本書は対テロ戦の道を切り開いたイギリスのSAS特殊プロジェクトチームやドイツのGSG9、フランスのGIGNの発展と作戦をたどりながら、これらの部隊を手本にして発足した30以上の欧州諸国の対テロ部隊を紹介する。
各種戦術シナリオのイラストと最新の写真をもとに欧州対テロ部隊の実像を詳述する。



同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
L・ネヴィル著/床井雅美監訳/茂木作太郎訳『SAS英陸軍特殊部隊─世界最強のエリート部隊』
現役「グリーンベレー」隊員を父に持つ9歳の少年の綴った児童書が、Amazonカテゴリーランキングで1位を獲得
同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.25、「米海兵特殊作戦コマンド(MARASOC)」
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行
元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 L・ネヴィル著/床井雅美監訳/茂木作太郎訳『SAS英陸軍特殊部隊─世界最強のエリート部隊』 (2019-12-17 12:45)
 現役「グリーンベレー」隊員を父に持つ9歳の少年の綴った児童書が、Amazonカテゴリーランキングで1位を獲得 (2019-12-13 15:54)
 同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.25、「米海兵特殊作戦コマンド(MARASOC)」 (2019-12-05 17:37)
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行 (2019-09-11 11:09)
 元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』 (2019-06-28 12:59)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop