NEWS

月刊 Gun Professionals 2017 年 1 月号好評発売中

専門誌 Comments(0)
ガンプロフェッショナルズ2017年1月号は、ブラウニングM2ヘビーバレルマシンガンを巻頭記事でお届けします。ジョン・M.ブラウニングによってデザインされ、その後も幾多のデザイナーによって改良が加えられた結果、現在でも世界中で現役として使い続けられている傑作重機関銃です。
続いてSIGザウアー独自のデザインが加えられた1911キャリースコーピオンや、現代のシングルアクションリボルバーでSAAそっくりなルガーヴァケロ、G3の民間仕様HK91といったトラディショナル系のモデルをご紹介すると一方、あまり知られていないながらもド派手な外観を持つブルパップショットガンUTS-15、遂に現役を退くことになったフランスのFA-MASの総括などマニアックな実銃記事を満載しています。

月刊ガンプロフェッショナルズ2017年1月号
価格:本体1,143円+税



同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』
専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン
野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版
ソ連時代の特殊部隊員が綴る「AK-47」解説書籍が発売
同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.21「ハンドガン/ライフル上達ドリル」
『コンバットマガジン』がA4ワイド版へと大型化。装いも内容も改め大リニューアル!
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』 (2018-09-14 14:45)
 専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン (2018-08-27 19:50)
 野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版 (2018-08-27 19:13)
 ソ連時代の特殊部隊員が綴る「AK-47」解説書籍が発売 (2018-08-09 14:14)
 同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.21「ハンドガン/ライフル上達ドリル」 (2018-07-18 11:37)
 『コンバットマガジン』がA4ワイド版へと大型化。装いも内容も改め大リニューアル! (2018-02-27 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop