NEWS

イラストでまなぶ!現代のスナイパー 実戦編が好評発売中

専門誌 Comments(0)

©HobbyJAPAN
ホビージャパンより、これを読めば戦える!実戦に基づく“狙撃”のテクニックをイラストとコミックで解説する「イラストでまなぶ!現代のスナイパー 実戦編」が好評発売中。

©HobbyJAPAN


©HobbyJAPAN


遠く離れたターゲットを一発で撃ち倒す“スナイパー”は、映画やアニメでも高い人気を誇る。しかし、彼らの任務や能力について、詳しく知る人は少ない。本書は元アメリカ陸軍将校として対テロ戦争にも従軍した筆者が、アメリカ軍の狙撃教育や戦訓をもとに理論的・科学的に現代のミリタリースナイパーを解説――それを可愛らしいイラストやコミックで学べる一冊!

■スナイパーライフルってどんな銃?
 1960年代のベトナム戦争にはじまり、現代のイラク・アフガニスタン戦争に至る現代スナイパーライフルを系統的に解説。スナイパーライフルには何が求められ、どのような変化を遂げてきたのか?

■精密射撃の技術――風・重力・気温・コリオリの力?
 数百メートル~1000メートル以上先の目標に、口径わずか数ミリの弾丸を精確に送り込むためには、どんなテクニックが必要なのか? 風や重力、気温(大気密度)などの環境要素や、射撃位置と目標の角度変化まで、スナイパーが理解すべき射撃知識をイラストとコミックでわかりやすく解説。

■実戦を戦うテクニック――擬装・脱出・目標選定
 敵地に潜入するスナイパーは、人間の心理をつく擬装や脱出のテクニックを用いる。また、小さな弾丸でいかに最大の効果を発揮するか、緻密な計算に基づいて行動している。実戦を戦いぬくテクニックが満載!

商品詳細はこちら!(http://hobbyjapan.co.jp/books/book/b281484.html

イラストでまなぶ! 現代のスナイパー 実戦編
定価/本体1,500 円+税
カラー・モノクロ/B6判

©HobbyJAPAN

同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売
元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』
専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン
野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版
ソ連時代の特殊部隊員が綴る「AK-47」解説書籍が発売
同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.21「ハンドガン/ライフル上達ドリル」
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売 (2018-11-01 17:16)
 元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』 (2018-09-14 14:45)
 専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン (2018-08-27 19:50)
 野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版 (2018-08-27 19:13)
 ソ連時代の特殊部隊員が綴る「AK-47」解説書籍が発売 (2018-08-09 14:14)
 同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.21「ハンドガン/ライフル上達ドリル」 (2018-07-18 11:37)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop