NEWS

ソ連時代の特殊部隊員が綴る「AK-47」解説書籍が発売

専門誌 Comments(0)

Photo: Gun Digest Media
世界で最も象徴的な銃の1つである「AK-47」。ソ連邦時代に特殊部隊員(スペツナズ)だった人物がその歴史を追った英字書籍『AK-47、世界で最も繁栄した銃の生存と進化(AK-47: Survival and Evolution of the World’s Most Prolific Gun)』を執筆し、7月よりその販売が始まっている。
本書では、①AK-47およびその派生モデルについての歴史的な洞察と事実、②AK-47、AKM、RPKなどに関する機械的な詳細、③段階的な近代化ガイドと現実のプロジェクト、④AKコンポーネントの起源といった内容で構成されている。
全272ページから成り、重量は1.5ポンド(=約680グラム)。アマゾンで4,050円で販売中。


著者のマルコ・ヴォロビエフ(Marco Vorobiev)氏は「ガンズ・アンド・アモウ」「ショットガン・ニュース(現「ファイアアームズ・ニュース」)」といった米国の銃火器メディアでライターとして活躍。2016年には「Gun Digest Shooter's Guide to AKs」を発売し、アマゾンでのユーザー評価4.6ポイントを獲得している。

同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』
専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン
野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版
同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.21「ハンドガン/ライフル上達ドリル」
『コンバットマガジン』がA4ワイド版へと大型化。装いも内容も改め大リニューアル!
世界の戦場で実証されたAKライフルの実力を徹底詳解。「AK-47ライフル─最強のアサルト・ライフル」が発売
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』 (2018-09-14 14:45)
 専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン (2018-08-27 19:50)
 野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版 (2018-08-27 19:13)
 同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.21「ハンドガン/ライフル上達ドリル」 (2018-07-18 11:37)
 『コンバットマガジン』がA4ワイド版へと大型化。装いも内容も改め大リニューアル! (2018-02-27 18:13)
 世界の戦場で実証されたAKライフルの実力を徹底詳解。「AK-47ライフル─最強のアサルト・ライフル」が発売 (2018-02-16 14:09)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop