陸自:霧島演習場で米海兵隊との実動訓練を実施

国内軍事関連

※写真は平成21年度 日米共同訓練より
陸幕広報室は9日、本年度における日米共同訓練(国内における米海兵隊との実動訓練)の大要についての実施要綱を発表。宮崎県えびの市、鹿児島県湧水町にまたがる陸上自衛隊霧島演習場で12月上旬からの約10日間、陸上自衛隊及び在沖海兵隊が参加し、それぞれの指揮系統に従い、共同作戦の実施における連携要領を訓練し、相互運用の向上を図る事を目的としている。

平成22年度の日米共同訓練(国内における米海兵隊との実動訓練)の大要について

期間:平成22年12月上旬~12月中旬
場所:霧島演習場

担任官
(1) 日本側:第8師団長
(2) 米軍側:第3海兵機動展開部隊副司令官
実施部隊
(1) 日本側:第43普通科連隊基幹
(2) 米軍側:第31海兵機動展開隊の1個中隊基幹

なお、訓練内容については後日、陸自より発表の見通しだ。

過去の関連記事:
平成21年度 日米共同訓練~映像編~
平成21年度 日米共同訓練~ヘリボン訓練編~
平成21年度 日米共同訓練~市街地戦闘(MOUT)編~

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
    新装備が盛り沢山、『水陸機動団』の新編行事が報道公開
    トヨタ製ランドクルーザー&ハイラックスを特殊作戦用にカスタム。バテル記念研究所の製造ライン映像
    ニコンの2018年新製品、『P-TACTICAL SPUR』レッドドットサイト
    2016年度版の米国向け銃器輸出の国別ランキングで1位はオーストリア。9位に日本がランクイン
    トヨタ製ハイラックス、ランクルをベース車輌とした米軍特殊部隊の『特別設計・規格外市販車輌(PB-NSCV)』計画
    米No.1軍用アイウェアブランド「ESS」から空挺用ゴーグルの新商品『JUMPMASTER』が日本国内新発売
    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
     新装備が盛り沢山、『水陸機動団』の新編行事が報道公開 (2018-04-12 11:08)
     トヨタ製ランドクルーザー&ハイラックスを特殊作戦用にカスタム。バテル記念研究所の製造ライン映像 (2018-04-02 16:02)
     ニコンの2018年新製品、『P-TACTICAL SPUR』レッドドットサイト (2018-03-28 15:30)
     2016年度版の米国向け銃器輸出の国別ランキングで1位はオーストリア。9位に日本がランクイン (2018-03-08 19:00)
     トヨタ製ハイラックス、ランクルをベース車輌とした米軍特殊部隊の『特別設計・規格外市販車輌(PB-NSCV)』計画 (2018-03-08 13:19)
     米No.1軍用アイウェアブランド「ESS」から空挺用ゴーグルの新商品『JUMPMASTER』が日本国内新発売 (2018-02-28 17:09)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop