NEWS

ロシア国防省「AK-12」と「AEK-971」の2自動小銃を実地評価テストに投入へ

海外軍事
ロシア軍の次期制式小銃を巡って続いているレースが新しいフェーズに突入した。先日復活した「カラシニコフ」ブランドのAK-12とデグチャレフ名誉工場のA-545(AEK-971の最新改修型)が、共に国防省のトライアルを突破し、部隊での実地評価テストが開始される。

ロシア軍では予てから個人装備の近代化を図る「ラートニク (Ratnik) 」プログラムが進められており、この一環として2小銃のトライアルも進められていた。軍・産業委員会(MIC)関係者によれば2015年3月にはその他52種の装備品と共に、一部部隊に配備され試験が行われるという見通しとのこと。
参考:
ロシア国防省 TV チャンネル、最新型突撃銃「AK-12」テスト映像を公開 - ミリブロNews
ロシア国防省 TV チャンネル、デグチャレフ名称工場製造「AEK-971」アサルトライフル紹介映像を公開 - ミリブロNews

またカラシニコフはAK-12を2015年の第1四半期から海外に輸出するとも発表した。2020年までに年間30万丁の生産能力を整える計画とのこと。大量生産による1丁あたりのコスト減を考えると、次期制式小銃選定レースはAK-12が有利という見方もある。

Source: Russia Today 2014/12/22
VPK 2014/12/24
Photo: AK-12 Engineering technologies international forum - 2012 01 - Category:AK-12 - Wikimedia Commons
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201412
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop