ソ連・ロシア戦車研究家、「クロムウェルモデルズ」が製作中のアルマータ T-14/15 初のガレージキット化を公開

ミリタリー模型・フィギュア
ソ連/ロシア戦車研究家のアレクセイ・クロポトフ (Alexey Khlopotov) 氏が執筆しているブログ「Gur Khan attacks!」にて「クロムウェルモデルズ (Cromwell Models) 」が製作中のロシア連邦軍最新装甲戦闘車輌である、アルマータ(アルマータ共通戦闘プラットフォーム)主力戦車型 T-14 重歩兵戦闘車 T-15の模型画像が公開された。

「クロムウェルモデルズ」はスコットランドに拠点を構える老舗のガレージキットメーカーであり、数々の戦車や装甲車をガレージキット化し販売している。戦車支援戦闘車であるBMPTもガレージキット化しており、ロシア戦車にも手を伸ばしつつある中で、あえて最新モデルをキット化したのは興味深いところではある。

画像を見るとほぼ完成形に近いところまで再現されており、アルマータ 主力戦車型 T-14 重歩兵戦闘車 T-15の世界初となるガレージキット化である。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    アレクセイ・クロポトフ氏は模型メーカーのメン・モデルが発売した 「1/35ロシアT-90A主力戦車」の協力顧問として参加し、かつプロ級のモデラーでもあるため今回の「クロムウェルモデルズ」のアルマータのレビューと完成写真を期待したいところではある。

    アレクセイ・クロポトフ氏 略歴紹介
    http://www.meng-model.com/JP/index2_new.php?id=202

    Gur Khan attacks! / Alexey Khlopotov 2015/06/03, 06/10
    Text: WT83 - FM201506

    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
    中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発
    バレットファイアーアームズがMSEと提携して公認の1/6スケール・アクションフィギュア「MRAD」を販売開始
    対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開
    英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース
    シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開
    銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売
    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
     中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発 (2017-11-15 12:10)
     バレットファイアーアームズがMSEと提携して公認の1/6スケール・アクションフィギュア「MRAD」を販売開始 (2017-10-19 19:03)
     対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開 (2017-08-10 11:41)
     英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース (2017-07-31 17:27)
     シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開 (2017-07-21 16:59)
     銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売 (2017-06-30 19:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop