ソ連・ロシア戦車研究家、「クロムウェルモデルズ」が製作中のアルマータ T-14/15 初のガレージキット化を公開

ミリタリー模型・フィギュア
ソ連/ロシア戦車研究家のアレクセイ・クロポトフ (Alexey Khlopotov) 氏が執筆しているブログ「Gur Khan attacks!」にて「クロムウェルモデルズ (Cromwell Models) 」が製作中のロシア連邦軍最新装甲戦闘車輌である、アルマータ(アルマータ共通戦闘プラットフォーム)主力戦車型 T-14 重歩兵戦闘車 T-15の模型画像が公開された。

「クロムウェルモデルズ」はスコットランドに拠点を構える老舗のガレージキットメーカーであり、数々の戦車や装甲車をガレージキット化し販売している。戦車支援戦闘車であるBMPTもガレージキット化しており、ロシア戦車にも手を伸ばしつつある中で、あえて最新モデルをキット化したのは興味深いところではある。

画像を見るとほぼ完成形に近いところまで再現されており、アルマータ 主力戦車型 T-14 重歩兵戦闘車 T-15の世界初となるガレージキット化である。
アレクセイ・クロポトフ氏は模型メーカーのメン・モデルが発売した 「1/35ロシアT-90A主力戦車」の協力顧問として参加し、かつプロ級のモデラーでもあるため今回の「クロムウェルモデルズ」のアルマータのレビューと完成写真を期待したいところではある。

アレクセイ・クロポトフ氏 略歴紹介
http://www.meng-model.com/JP/index2_new.php?id=202

Gur Khan attacks! / Alexey Khlopotov 2015/06/03, 06/10
Text: WT83 - FM201506

同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
日米の巨大ロボット、「クラタス」vs「Megabots」の対戦が2017年8月に決定
Weapon762が「PVS-31」のダミー模型を4月中旬に販売予定
翼長4.3メート、重量50キログラムの巨大ラジコン「OV-10ブロンコ」の飛行映像
トミーテックのリトルアーモリーシリーズに「クリス ベクターSMG」が新登場
「リトルアーモリー」初のノベライズ『小説「リトルアーモリー だから、少女は撃鉄を起こす」』が 12/16 に発売
同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)
 日米の巨大ロボット、「クラタス」vs「Megabots」の対戦が2017年8月に決定 (2017-04-10 18:29)
 Weapon762が「PVS-31」のダミー模型を4月中旬に販売予定 (2017-03-21 13:34)
 翼長4.3メート、重量50キログラムの巨大ラジコン「OV-10ブロンコ」の飛行映像 (2017-02-13 17:03)
 トミーテックのリトルアーモリーシリーズに「クリス ベクターSMG」が新登場 (2017-01-12 20:02)
 「リトルアーモリー」初のノベライズ『小説「リトルアーモリー だから、少女は撃鉄を起こす」』が 12/16 に発売 (2016-12-15 17:10)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop