遠隔から発砲可能、10 代少年が自作したピストル搭載「武装ドローン」

ミリタリー模型・フィギュア
空飛ぶ小型無人機「ドローン」に、実銃ピストルを搭載させ発砲する映像が先週公開され話題となっている。

「Flying Gun」と名付けられたこの映像、機体は米コネチカット州クリントンに住む 18 歳の少年による自作で、4つの回転翼を持つクワッドローターに、遠隔操作で発砲を可能としたピストルが搭載されている。

映像では数発の発砲シーンが収められ、トリガーが引かれ、弾が発射される度のリコイルで、ドローン本体が揺れ動く様子も確認できる。

関連記事:
クアッドコプターにマシンガン武装したプロトタイプ映像を公開

米連邦航空局 (FAA: Federal Aviation Authority) によると、ドローンの機体には如何なる武器の搭載も許されておらず、今回の事例は処罰の対象になるとのこと。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ドローンの利用については、日本でも今年 4 月に首相官邸の屋上でドローンが見つかった事件を受けて議論が進められた。14 日の閣議では、その規制を定めた航空法改正案が決定している。それによると、許可無く住宅密集地や空港周辺での飛行が禁止される他、日の出から日没までの制限や、爆発物の輸送が禁止されるなどの規制が盛り込まれている。

    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
    中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発
    バレットファイアーアームズがMSEと提携して公認の1/6スケール・アクションフィギュア「MRAD」を販売開始
    対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開
    英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース
    シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開
    銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売
    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
     中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発 (2017-11-15 12:10)
     バレットファイアーアームズがMSEと提携して公認の1/6スケール・アクションフィギュア「MRAD」を販売開始 (2017-10-19 19:03)
     対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開 (2017-08-10 11:41)
     英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース (2017-07-31 17:27)
     シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開 (2017-07-21 16:59)
     銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売 (2017-06-30 19:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop