オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会 (AASAM) のスナイパー競技で陸上自衛隊チームが優勝

国内軍事関連

Photo: SFC Kenichi Oshiro (left) and SGT Akito Yagi (right) / AASAM
4 月 30 日 (土) からオーストラリア ビクトリア州パッカパンニャル訓練場で開催中の国際催射撃競技会「AASAM (Australian Army Skill at Arms Meeting) 」でおこなわれたスナイパー競技において、陸上自衛隊チームが参加 18 チームの頂点に輝いた。トップ 3 における獲得ポイントは以下の通り。

1st: Japan 155pt
2nd: China 151pt
3rd: UK 148pt
関連記事:
豪陸軍主催射撃競技会 (AASAM) の「小銃 300 メートル伏撃ち」で、陸自隊員が参加 191 名のトップに
毎年この時期におこなわれるオーストラリア陸軍主催の AASAM (「アーサム」) は、戦術技量の向上を図り、参加各国との信頼関係の強化を図ることを目的としており、アジア、欧州等から 10 数ヶ国の陸軍種が参加。現在実際に運用されている小銃、機関銃、拳銃及び狙撃銃を使った、個人・ユニットレベルでの射撃練度が競われている。

陸上自衛隊の参加は今開催で 5 年連続となり、富士学校、各方面隊、中央即応集団等で構成される約 30 名が派遣されている。


Photo: via AASAM FaceBook
8 日、AASAM の FaceBook には、記念トロフィーを授与された小城 二曹、八木 三曹を中心に、祝勝の様子を収めた写真 3 点が掲載されている。陸上自衛隊におけるスナイパー競技での参加は今開催で 3 年連続となり、2014 年度が参加 18 チーム中 11 位、翌 2015 年度が 15 チーム中 2 位であった。

なお、主催のオーストラリア陸軍がウェブサイトに掲載しているスナイパーエントリー要項によると、以下のマッチの設定が記されている。

* Sniper Badge Test
* Sniper Snap
* Sniper Observation
* Sniper Panoramic
* Sniper Range Estimation
* Sniper Service Rifle Advanced Application of Fire
* Sniper Service Pistol Advanced Application of Fire
* Sniper Championship Aggregate


Photo: SGT Akito Yagi / AASAM
競技会中の八木 三曹。写真からは対人狙撃銃 (M24) には、長野県の光学製品メーカーである有限会社ディオン光学技研 (DEON Optical Corporation) 製の「マーチ (March) 」スコープシリーズ 3-24x42 FFP (First Focal Plane) が搭載されているものと思われる。地面には M118LR (Long Range) の弾薬箱が散乱している。

スナイパー競技の優勝を皮切りに、その他各競技における陸上自衛隊の成績にも期待が寄せられる。

同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
「16式機動戦闘車」の実機展示&アパッチが飛来。入場無料「OSAKA防衛防災フェスティバル2017」が3/5に開催
米大学研究チームが法執行機関向けに軽量・コンパクトを実現する「折り紙」式の防弾シールドを開発
「鉄拳2017」米海兵偵察部隊が西部方面普通科連隊と市街地環境下における近接戦の戦術を共有
警視庁主催の機動隊対抗による射撃競技会の映像が公開
国産の雄、ホーワの新型ボルトアクションライフル「HCR CHASSIS RIFLE」
2/5 オープン!! 緊張感溢れるCQBフィールド・田村装備開発の「T-MOUT」がスゴそうな予感!
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 「16式機動戦闘車」の実機展示&アパッチが飛来。入場無料「OSAKA防衛防災フェスティバル2017」が3/5に開催 (2017-02-21 12:44)
 米大学研究チームが法執行機関向けに軽量・コンパクトを実現する「折り紙」式の防弾シールドを開発 (2017-02-20 17:54)
 「鉄拳2017」米海兵偵察部隊が西部方面普通科連隊と市街地環境下における近接戦の戦術を共有 (2017-02-20 16:03)
 警視庁主催の機動隊対抗による射撃競技会の映像が公開 (2017-02-16 19:50)
 国産の雄、ホーワの新型ボルトアクションライフル「HCR CHASSIS RIFLE」 (2017-01-27 17:46)
 2/5 オープン!! 緊張感溢れるCQBフィールド・田村装備開発の「T-MOUT」がスゴそうな予感! (2017-01-14 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop