英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース

ミリタリー模型・フィギュア

Photo from Green Wolf Gear
英国を拠点とし、1/6スケールのミリタリー・アクション・フィギュアを手掛けている「グリーン・ウルフ・ギア社(Green Wolf Gear Limited. Company)」から、新作「ガラクタック(Galac-Tac)」がリリースされる。


Photo from Green Wolf Gear
現代版のタクティカル仕様にアレンジされた「マンダロリアン・ショック・トルーパー・アーマー」として紹介したことも記憶に新しいが、今回の製品化においては、本家ガラクタック・プロジェクトに参画していた撮影監督のライアン・フラワーズ(Ryan Flowers)氏とのタイアップで進められている。

関連記事:
現代版タクティカル仕様にアレンジした「マンダロリアン・ショック・トルーパー・アーマー」

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from Green Wolf Gear


    Photo from Green Wolf Gear


    Photo from Green Wolf Gear
    「砂漠の侵略者(Desert Raider)」と名付けられたセットアップ写真が先行して公開されており、今回の新作の中にTAN、ODとユニフォームのカラーによるバージョン違いが含まれることや、追加のRGW-90(Recoilless Grenade Weapon)を携行する姿と、個々のパーツが高精度で再現されていることなどが紹介されている。

    Photo from Green Wolf Gear



    Photo from Green Wolf Gear


    Photo from Green Wolf Gear
    現在までに公式サイトでおこなわれているプレオーダーによると、ODバージョン(グルーン・ウルフ・ギア独占販売品)が200ポンド(=約29,000円)。一方のTANバージョンは185ポンド(=約27,000円)となることが示されている。いずれも2017年10月のシッピングになるようだ。

    GALAC-TAC (GREEN WOLF GEAR EXCLUSIVE)
    GALAC-TAC (TAN VERSION)

    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
    バレットファイアーアームズがMSEと提携して公認の1/6スケール・アクションフィギュア「MRAD」を販売開始
    対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開
    シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開
    銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売
    中国のLEGOコピー企業がダーイシュ(IS)の蛮行を模した製品を輸出
    実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
     バレットファイアーアームズがMSEと提携して公認の1/6スケール・アクションフィギュア「MRAD」を販売開始 (2017-10-19 19:03)
     対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開 (2017-08-10 11:41)
     シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開 (2017-07-21 16:59)
     銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売 (2017-06-30 19:37)
     中国のLEGOコピー企業がダーイシュ(IS)の蛮行を模した製品を輸出 (2017-06-21 13:14)
     実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop