英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース

ミリタリー模型・フィギュア

Photo from Green Wolf Gear
英国を拠点とし、1/6スケールのミリタリー・アクション・フィギュアを手掛けている「グリーン・ウルフ・ギア社(Green Wolf Gear Limited. Company)」から、新作「ガラクタック(Galac-Tac)」がリリースされる。


Photo from Green Wolf Gear
現代版のタクティカル仕様にアレンジされた「マンダロリアン・ショック・トルーパー・アーマー」として紹介したことも記憶に新しいが、今回の製品化においては、本家ガラクタック・プロジェクトに参画していた撮影監督のライアン・フラワーズ(Ryan Flowers)氏とのタイアップで進められている。

関連記事:
現代版タクティカル仕様にアレンジした「マンダロリアン・ショック・トルーパー・アーマー」

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from Green Wolf Gear


    Photo from Green Wolf Gear


    Photo from Green Wolf Gear
    「砂漠の侵略者(Desert Raider)」と名付けられたセットアップ写真が先行して公開されており、今回の新作の中にTAN、ODとユニフォームのカラーによるバージョン違いが含まれることや、追加のRGW-90(Recoilless Grenade Weapon)を携行する姿と、個々のパーツが高精度で再現されていることなどが紹介されている。

    Photo from Green Wolf Gear



    Photo from Green Wolf Gear


    Photo from Green Wolf Gear
    現在までに公式サイトでおこなわれているプレオーダーによると、ODバージョン(グルーン・ウルフ・ギア独占販売品)が200ポンド(=約29,000円)。一方のTANバージョンは185ポンド(=約27,000円)となることが示されている。いずれも2017年10月のシッピングになるようだ。

    GALAC-TAC (GREEN WOLF GEAR EXCLUSIVE)
    GALAC-TAC (TAN VERSION)

    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
    ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示
    香港FMA社から『PVS-21』のダミー製品が新発売
    TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定
    DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ
    米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開
    中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発
    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
     ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示 (2018-06-08 13:50)
     香港FMA社から『PVS-21』のダミー製品が新発売 (2018-06-06 15:43)
     TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定 (2018-05-18 19:01)
     DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ (2018-02-15 12:49)
     米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開 (2018-01-15 19:08)
     中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発 (2017-11-15 12:10)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop