中国のLEGOコピー企業がダーイシュ(IS)の蛮行を模した製品を輸出

ミリタリー模型・フィギュア
中国の「レゴ(Lego)」コピー企業が、ダーイシュ(Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL)の蛮行を彷彿させるキャラクター製品を混在させ、輸出していたことが分かり、波紋を広げている。

「ファルコン・コマンドス(Falcon Commandos)」と名乗るこの中国企業は、オーストラリア向け輸出など少なくとも3つのウェブサイトを持ち、販売していたことが分かっている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    マレーシアで購入した客からは、「"アラー"や"ムハンマド"と書かれたバナーがあった」との問い合わせが寄せられているという。また、製品の化粧箱には、ダーイシュとみられる戦闘員がチェーンソーを持ち、切り落とされて血塗れになったヒトの頭部が描かれている。

    本家・レゴ社のスポークスマンは、ビジネスニュースサイトのインタビューに対して、「当社は子供たちに "閃き(ひらめき)" や "創造" を提供する商品開発に献身しています。そんな社是を持つ当社がこのような製品を創り、世に送り出すことはあり得ないことです」と語っている。

    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
    対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開
    英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース
    シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開
    銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売
    実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
    日米の巨大ロボット、「クラタス」vs「Megabots」の対戦が2017年8月に決定
    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
     対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開 (2017-08-10 11:41)
     英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース (2017-07-31 17:27)
     シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開 (2017-07-21 16:59)
     銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売 (2017-06-30 19:37)
     実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)
     日米の巨大ロボット、「クラタス」vs「Megabots」の対戦が2017年8月に決定 (2017-04-10 18:29)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop