NEWS

「新型の主力自動小銃はまだ実用化されていないのか」アメリカ国防総省高官が業界カンファレンスで檄

海外軍事 Comments(0)

Photo from Officie of the Assistant Secretary of the Army
アメリカのマティス国防長官は2018年4月、個人装備の研究・開発のテコ入れをすべく、国防総省にClose Combat Lethality Task Force(訳:接近戦力向上タスクフォース)設置した。その最重要課題はM16A4ライフル、M4カービンに替わる新型自動小銃の完成だが、官民の関係者が集まる国防産業協会(NDIA)の基調講演において、タスクフォース議長のロバート・スケールズ退役陸軍少将が檄を飛ばした。
議長は3年前に自身が行ったNDIAでの講演において、中間弾薬を使用するガスピストン式の自動小銃、ポリマー薬莢、サプレッサー、電子補正式の照準システム等の装備について語ったことについて触れ「2018年になったが、こういうものはまだ実用化されていないのか」と問いかけた。

アメリカ軍の次世代弾薬「プラスチック薬きょうテレスコープ弾」の現在 - ミリブロNews

アメリカ陸軍は主力の小火器類を置き換えるNext Generation Squad Weapon(NGSW)の開発を急いでいるが、現在いくらかの進展が見られるのはその中のNext Generation Squad Automatic Weapon(NGSAR)のみで、それさえも未だコンセプト開発の段階を出ていない。M16シリーズは大元を正せば60年代の小銃であり、アップデートを重ねているとはいってもこれ以上の性能向上には抜本的な改革が求められる。

アメリカ陸軍がM249SAWを置き換える「次世代分隊自動小銃(NGSAR)」の情報提供を呼びかけ - ミリブロNews

開発が難航していることについて、スケールズ議長は「2020年までに作るんだ。なんてこった諸君、たった9ポンド(約4キログラム)の鉄の固まりじゃないか。B-1爆撃機のナットの値段にもならないだろう」と、改めて最優先の課題であることを強調した。

Source: Mattis’ infantry reformer blasts weapons makers to quit stalling and make a better, more lethal rifle

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201805
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop