カラシニコフ社が米国と欧州市場で商標登録を検討

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from Kalashnikov Concern
国営ロステク傘下にありロシア最大の銃器メーカーであるカラシニコフ社(Kalashnikov Concern)が、外国市場での同社権利を保護する目的で、米国および欧州における商標登録を求めている。カラシニコフ社CEOのアレクセイ・クリボルチコ(Aleksey Krivoruchko)氏が国営タス通信によるインタビューの中で語った。

関連記事:
カラシニコフ社がエアソフト界に本格参入を正式発表。製品の外観にも知財権適用を主張し各業界との交渉を開始か

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    インタビューの中でクリボルチコ氏は、「我々は中国、欧州、米国を含め、全ての市場において我々のブランドと商標権を保護する施策を講じてきた」「我がコンツェルンのブランドと商標権は、我々自身に帰属しなければならず、無関係の企業製品に享受されるものではない」と述べている。

    カラシニコフ社は昨年末に、中国において「AK-74」の商標登録をおこなっている。

    関連記事:
    カラシニコフ・コンツェルンが中国で「カラシニコフ」「AK-74」の商標を登録

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    特集:H&K M27 IAR(歩兵自動ライフル)
    サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介
    映画「キングスマン」登場のトカレフTT-30を再現したエアソフト、『ShowGuns KPS』が限定発売
    シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される
    アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可
    トランプ政権が国内銃器メーカーの輸出促進を図るため規制緩和を計画。国務省から「商務省」管轄に移管
     特集:H&K M27 IAR(歩兵自動ライフル) (2017-09-25 14:09)
     サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介 (2017-09-22 09:51)
     映画「キングスマン」登場のトカレフTT-30を再現したエアソフト、『ShowGuns KPS』が限定発売 (2017-09-21 19:28)
     シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される (2017-09-21 19:11)
     アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可 (2017-09-21 18:33)
     トランプ政権が国内銃器メーカーの輸出促進を図るため規制緩和を計画。国務省から「商務省」管轄に移管 (2017-09-20 19:52)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop