カラシニコフ社が米国と欧州市場で商標登録を検討

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from Kalashnikov Concern
国営ロステク傘下にありロシア最大の銃器メーカーであるカラシニコフ社(Kalashnikov Concern)が、外国市場での同社権利を保護する目的で、米国および欧州における商標登録を求めている。カラシニコフ社CEOのアレクセイ・クリボルチコ(Aleksey Krivoruchko)氏が国営タス通信によるインタビューの中で語った。

関連記事:
カラシニコフ社がエアソフト界に本格参入を正式発表。製品の外観にも知財権適用を主張し各業界との交渉を開始か
インタビューの中でクリボルチコ氏は、「我々は中国、欧州、米国を含め、全ての市場において我々のブランドと商標権を保護する施策を講じてきた」「我がコンツェルンのブランドと商標権は、我々自身に帰属しなければならず、無関係の企業製品に享受されるものではない」と述べている。

カラシニコフ社は昨年末に、中国において「AK-74」の商標登録をおこなっている。

関連記事:
カラシニコフ・コンツェルンが中国で「カラシニコフ」「AK-74」の商標を登録

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上
サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供
第16回ヒスサバウエスト=HSW16が開催
KWAの新型電動ガン「AEG3 RM4A1」が間もなく発売開始
欧州議会「銃器指導改正提案」の投票結果、エアソフトの存続が可能に
「5.11」の生みの親で登山家のロイヤル・ロビンス氏が82歳で死去
 米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上 (2017-03-23 19:26)
 サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供 (2017-03-23 14:26)
 第16回ヒスサバウエスト=HSW16が開催 (2017-03-22 20:25)
 KWAの新型電動ガン「AEG3 RM4A1」が間もなく発売開始 (2017-03-22 19:51)
 欧州議会「銃器指導改正提案」の投票結果、エアソフトの存続が可能に (2017-03-22 13:12)
 「5.11」の生みの親で登山家のロイヤル・ロビンス氏が82歳で死去 (2017-03-21 20:01)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop