NEWS

ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動

海外軍事

Quelle: Bundeswehr/Dorow/Marco Dorow
ドイツ国防省(Bundesministerium der Verteidigung)は21日、欧州連合の入札電子日報(TED: Tenders Electronic Daily)において、G36後継小銃の調達を目指す「ドイツ連邦軍・シュトルムゲヴェール・システム(Sys StG Bw: System Sturmgewehr Bundeswehr)」の計画概要が掲載されたことを伝えた。シュトルムゲヴェールは、ドイツ語で「突撃銃」「アサルトライフル」を意味する。

関連記事:
ドイツ BAAINBw が軍特殊部隊用に G36 に替わる新たなアサルトライフル取得を求めた入札要項を提示

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    TEDに示された21日付の公告によると、初度契約費用は税込み(MwSt)2億4,500万ユーロ(=約292億円)となり、契約締結は、要件を満たす品質面などを検証することを念頭におこなわれる。2019年4月から始まるデリバリーは、7年後の2026年3月末まで掛かることが示されている。

    決定がなされれば、およそ12万挺とレーザーライトモジュール、リフレックスサイトなどの付属品の供給が見込まれる。


    Photo: RS556


    Photo: SIG MCX



    Photo: HK433
    G36の後釜を狙った動きはドイツを中心に周辺諸国の銃器メーカーの間で活発化しており、巷では現在までに①オーストリアのステアー・マンリッヒャー社とドイツのラインメタル社が共同で提案中の新小銃「RS556」をはじめ、②シグサワー社の「SIG MCX」、③大本命と目されているヘッケラーアンドコッホ(Heckler & Koch)社から投入される新型ライフル「HK433」の名前が挙げられている。

    関連記事:
    ステアー社とラインメタル社 ドイツ軍にG36自動小銃の後継「RS556」を提案
    ドイツ軍用ライフルでの採用を狙う SIG SAUER の新型小銃「SIG MCX」
    ヘッケラーアンドコッホ社がドイツ連邦軍の次期制式小銃選定に向けた新型小銃「HK433」を発表

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop