銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売

ミリタリー模型・フィギュア Comments(0)
トミーテックから好評の銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売となる。
タカラトミーグループの株式会社トミーテック(代表取締役社長:岩附美智夫/所在地:栃木県下都賀郡)は、1/12スケールの銃火器プラキットシリーズ『リトルアーモリー』のキャラクターfigma第2弾として、『figma椎名六花(しいな りっか)』を、2018年2月から全国の量販店ホビー売場・キャラクターグッズショップなどで発売いたします。

「リトルアーモリー」は2014年からトミーテックが展開する銃火器プラキットシリーズ。リトルアーモリーのパッケージを飾るキャラクターのひとり『椎名六花』は、エリート校「城宗統合女子学院」の生徒として地域防衛の一翼を担う高校2年生。小柄で華奢なスタイル、天然系のキャラだが、非常に高い個人戦闘力を誇る人気キャラクターです。

製品でも彼女の魅力を再現する表情パーツとして、「ノーマル顔」と戦闘時の「バトル顔」を収録。オプションパーツには、しゃがみポーズが再現できる「座りスカート」のほか、ホルスターに収納可能な「ライト付きハンドガン」、「トランシーバー」が付属。figma付属の限定モデル「リトルアーモリー」キットとして、特殊部隊専用カービン銃のランナーキットが付属。ホログラフィックサイト、ブースター、レーザーモジュール、ウエポンライト、デュアルスイッチ、フォアグリップなどのオプションが充実した限定モデルです。

製品パッケージの背景紙には射撃訓練用のバリケードを印刷。切り出してレイアウトすれば「トレーニング風景」をお楽しみいただけます。

好評発売中の「figma 朝戸未世(あさと みよ)」と組み合わせてのコンビネーションも楽しめます。(※朝戸未世は7月再販予定です)



パッケージに「ふゆの春秋」氏描き下ろしイラストを使用


豊富な「リトルアーモリー」シリーズと組み合わせて楽しめます。

figma 椎名六花(ふぃぐま しいな りっか)
希望小売価格:6,900円(税抜)
発売日:2018年2月発売予定
仕様:ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア・ノンスケール・専用台座付属・
リトルアーモリー「特殊部隊専用カービン銃限定版」ランナーキット付属(PS製)・全高:約130mm
作品名:リトルアーモリー
原型制作:ドラゴンクラフト
製作協力:マックスファクトリー
発売元:株式会社トミーテック
販売元:株式会社グッドスマイルカンパニー
製品WEBサイト:http://www.littlearmory.jp/

©2013TOMYTEC

同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
『コスモ ドラグーン(戦士の銃)』水鉄砲がワンダーフェスティバル2018夏で限定先行発売
ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示
香港FMA社から『PVS-21』のダミー製品が新発売
TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定
DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ
米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開
同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
 『コスモ ドラグーン(戦士の銃)』水鉄砲がワンダーフェスティバル2018夏で限定先行発売 (2018-07-26 12:07)
 ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示 (2018-06-08 13:50)
 香港FMA社から『PVS-21』のダミー製品が新発売 (2018-06-06 15:43)
 TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定 (2018-05-18 19:01)
 DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ (2018-02-15 12:49)
 米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開 (2018-01-15 19:08)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する
上の画像に書かれている文字を入力して下さい

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop