Magpul PMAG

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

※写真は2008 U.S. SHOT SHOWのMagpulブースより
US SHOT SHOW 2008 Vol.2

マガジンアクセサリーで一躍脚光を浴びたMAGPUL Industories社。
画期的なデザインセンスが光る同社が発表した新型マガジン「PMAG」のPHOTOレポートが届きました。

現行のPMAGでは残弾数が確認できるよう「窓」がついたものとなっていますが、今回は窓無し仕様のプロトタイプと思われます。カラーはトイガンでも人気となるダークアースカラー。


プラスチック樹脂成型によるPMAGは、従来型メタルマガジンからの改良点を見出し、リリースされました。
強度的に劣ると見られがちな樹脂成型マガジンを、構成パーツの見直しと強化リブの多用によりクリアしています。


本投稿1枚目にある黒色の弾は、耐熱性に優れるカーボンファイバー製5.56mmダミー弾。
「MAGPUL」と「www.magpul.com」の2パターンの刻印が1つの弾に表示されています。


構造そのものは至ってシンプルな造りとなっており、底部をスライドさせる事で分解を始める事ができます。



主要な構成パーツは以上の通りとなっています。後述にあるとおり、スムーズな給弾を行う工夫がこのシンプルな構成パーツの中に施されています。


マガジンの本体内側にはミゾが施され、バネのテンションによって確実な垂直方向へのガイド役となっているのが分かります。






M16マガジンとの比較。




垂直方向へのテンションがどれ程確実に伝える事ができているかは、こちらの写真で一目瞭然。
一方向から押した時に、従来型のM16マガジンの場合、ガイドが斜めになってしまい、給弾不良の原因となるが、PMAGは垂直方向の動き以外をする事はありません。


強化リブを多用することで、外部からの圧力に対して絶えうる設計がなされています。
耐久力テストの模様は、Magpul社の配信しているYouTubeチャンネルの映像をご覧下さい。


トイガンパーツへの積極的な姿勢がみられるMagpul社。巷で囁かれる「MASADA」のトイガン化のみならず、このPMAGのトイガンバージョンが発売される事も期待します。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop