TANIKOBA M4 C8 / Tac Chassis

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
開催中のSSJ(Shot Show Japan)2008春に出店のタニコバブースより、注目の新商品「KOBA/ M4 C8 CANADIAN GBB」が登場し、多くの来場者が関心を寄せていました。
TANIKOBA M4 C8 / Tac Chassis
TANIKOBA M4 C8 / Tac ChassisTANIKOBA M4 C8 / Tac ChassisTANIKOBA M4 C8 / Tac ChassisTANIKOBA M4 C8 / Tac Chassis
東京を中心とした各種のイベントやメディアでの撮影で引っ張りだことなっていたこのテスト機。主要各部の細部においては写真のものと、量産モデルとでは異なる部分が出る事でしょう。

今回は”タニコバ”の愛称で知られる小林太三社長自らこの「KOBA/ M4 C8 CANADIAN GBB」について簡単な組み上げの様子を撮影させて頂きましたので、下記映像をご覧下さい。



また、「ハイキック・ハイグルーピング!」で発売以来人気の続く東京マルイ製Hi-capa用のTactical Chassis Kitにも注目が集まります。
TANIKOBA M4 C8 / Tac ChassisTANIKOBA M4 C8 / Tac Chassis
こちらのキットもタニコバ渾身の力作となり、細部に渡ったコダワリ部分が見事に反映されているところに着目したいところ。こちらの「東京マルイ製Hi-capa用のTactical Chassis Kit」についても小林太三社長自ら解説して頂きましたので、映像にもご注目下さい。その違い、握れば分かります!


この後もSSJ2008春は、まだまだ続きます。明日も沢山のご来場をお待ちしています。

TANIKOBA M4 C8 / Tac Chassis
日時:2008年4月26日(土)・27日(日) 開場(両日共)10:00~17:00
場所:大阪市中央区西心斎橋2-9-28 サンボール地下1階会場
 ※会場には駐車場がありません。当日はバス・電車をご利用下さい。
料金:当日券600円

地図はこちら


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop