遅延続きの次世代ヘルメット「ECH」が新たなテストを実施

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
遅延続きの次世代ヘルメット「ECH」が新たなテストを実施米陸軍と海兵隊で統合的に進めている次世代ヘルメット "ECH" (Enhanced Combat Helmet) の進捗に暗雲が立ち込めている。ECH の開発遅延についてはテスト手順などをめぐって過去にも報じられており、4月に続き今回で2度目。12月に再試験を実施する予定としながらも、来年末までの配備が難しくなる見通し。
ECH は、2009年以来開発が進められており、"UHMWPE" (Ultrahigh Molecular Weight PolyEthylene:超高分子量ポリエチレン) を使った軽量で耐被弾性能の高いヘルメット。現行の主流となるヘルメットでは、銃弾の破片や、低速で発射されるピストル弾を食い止めるに留まるが、開発中の ECH では 7.62mm の弾頭での被弾にも耐えるよう設計されているとしている。

実戦的なテストをクリアした後、米陸軍では 20万個を、海兵隊で 3万8,500個、海軍で 6,700個の導入がそれぞれ計画されている。

Military Time 2011/11/17


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』
「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る
韓国エアソフトメーカー「GBLS」が2020年新モデル『AKシリーズ』を発表
Strike Industries製グロック19用の軽量カスタムスライド「ARK」が新発売
頭部をクールダウン。SRUがサバゲー向けアイデア商品『エアフローシステム』を開発中
『バイオハザード RE:2』レオン・S・ケネディのシリアルNo.入り公式パーソナルボディアーマーが発売
 「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』 (2019-09-12 18:11)
 「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る (2019-09-11 11:28)
 韓国エアソフトメーカー「GBLS」が2020年新モデル『AKシリーズ』を発表 (2019-09-09 19:15)
 Strike Industries製グロック19用の軽量カスタムスライド「ARK」が新発売 (2019-09-05 15:41)
 頭部をクールダウン。SRUがサバゲー向けアイデア商品『エアフローシステム』を開発中 (2019-08-29 13:28)
 『バイオハザード RE:2』レオン・S・ケネディのシリアルNo.入り公式パーソナルボディアーマーが発売 (2019-08-26 18:29)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop