試写会プレゼント、映画「マイウェイ 12,000キロの真実」

映画・テレビ Comments(0)
1944年の「ノルマンディー上陸作戦」時に、ドイツ軍内から発見された実在の東洋人の物語を、「シュリ」「ブラザーフッド」のカン・ジェギュ監督が韓国映画史上最高の製作費25億円を掛けた感動作として話題を集める映画、「マイウェイ 12,000キロの真実」。
試写会プレゼント、映画「マイウェイ 12,000キロの真実」
試写会プレゼント、映画「マイウェイ 12,000キロの真実」
「マイウェイ12,000キロの真実」
2012年1月14日(土)より全国ロードショー
http://www.myway-movie.com/
「プライベート・ライアン」「レッドクリフ」のスタッフを始めとする、世界16カ国のスタッフが集結した本作は、主演に オダギリジョー と チャン・ドンゴン を迎え、まさに世界プロジェクト規模で製作された。この映画の制作においては、本物の銃100丁以上、弾丸45,000発 と、本物の大迫力映像を実現させるために大規模な準備を要している。

ミリタリーブログでは、ミリブロ読者からも注目が集まるこの映画の試写会に 【 5組 10名様 】 をご招待する。ロードショーの一足先に、話題の映画を【無料】で観覧することのできる、この試写会の募集要項は下記の通りだ。

映画「マイウェイ12,000キロの真実」
試写会 招待券プレゼント募集要項:

・日時:2012年1月11日(水) 開場18:00 / 開映18:30
・場所:よみうりホール
 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階
・募集:5組 10名様

応募期間:12/7(水)正午頃~12月21日(水)正午の受信分
※期間終了後は応募フォームの作動が無効になります。

(C) 2011 CJ E&M CORPORATION & SK PLANET, ALL RIGHTS RESERVED

過去の「マイウェイ12,000キロの真実」関連記事:
「マイウェイ12,000キロの真実」試写会&記者会見レポート
「マイウェイ 12,000キロの真実」、1月14日全国公開


同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
ブルース・ウィリス&マイケル・チクリス共演、映画『10 Minutes Gone』
アフガン駐留米兵による民間人殺害事件を描く戦争スリラー映画『The Kill Team』
2020年公開の映画『TOP GUN MARVERICK』のトレイラーをマニア的に考察!
ジョン・ウィックのガンアクションの視覚・音響効果をより迫力が出るように付け直すとこうなる
米国の軍事法務ドラマ「The Code」の続編製作が中止に。実際と異なる描写が視聴者離れの一因か
フランスGIGNと外人部隊によるジブチのバスジャック救出作戦を題材とした映画『15ミニッツ・ウォー』
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 ブルース・ウィリス&マイケル・チクリス共演、映画『10 Minutes Gone』 (2019-08-21 11:31)
 アフガン駐留米兵による民間人殺害事件を描く戦争スリラー映画『The Kill Team』 (2019-08-19 10:13)
 2020年公開の映画『TOP GUN MARVERICK』のトレイラーをマニア的に考察! (2019-08-09 12:05)
 ジョン・ウィックのガンアクションの視覚・音響効果をより迫力が出るように付け直すとこうなる (2019-08-07 18:46)
 米国の軍事法務ドラマ「The Code」の続編製作が中止に。実際と異なる描写が視聴者離れの一因か (2019-07-30 13:32)
 フランスGIGNと外人部隊によるジブチのバスジャック救出作戦を題材とした映画『15ミニッツ・ウォー』 (2019-07-26 14:44)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop