Izhmash製エアソフトにAN-94やSVDなども追加か

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
Izhmash製エアソフトにAN-94やSVDなども追加か
ロシア銃器メーカー Izhmash からリリース予定のエアソフト版 AK-74M に関する新たな情報が、YouTube チャンネル "NPO Izhmash" の公開した映像をソースとして明らかになってきた。
Izhmash 製エアソフトは、実銃の製造と同様に、金属パーツを多用したものになるとし、重量は 8lbs (約 3.6kg) で銃口付近での初速は 3J としている。また、マガジンは多弾バージョンとなり、6mm BB弾 が 600発 装填可能となる模様。
その他にも、映像からは新たな情報として、AK-74M のほかに AN-94 Abakan (アバカン)、SVD ドラグノフ狙撃銃、PP-19-01 Vityaz といったラインナップについても示されている。

Izhmash 発のエアソフトリリースの話題は、実銃メーカーのプロデュースするエアソフトということで、日本のエアソフトファンからも熱い視線が送られる一方で、日本での国内流通実現においては、BB弾 の発射威力について法規制の問題があるため、デチューンの必要が生じる。

NPO Izhmash 2012/09/03
The Firearm Blog 2012/09/20

過去の「Izhmash エアソフトリリース」関連記事:
Izhmash、9月にAK-74M電動ガンをリリース予定


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判
「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』
「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る
韓国エアソフトメーカー「GBLS」が2020年新モデル『AKシリーズ』を発表
Strike Industries製グロック19用の軽量カスタムスライド「ARK」が新発売
頭部をクールダウン。SRUがサバゲー向けアイデア商品『エアフローシステム』を開発中
 「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判 (2019-09-18 16:17)
 「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』 (2019-09-12 18:11)
 「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る (2019-09-11 11:28)
 韓国エアソフトメーカー「GBLS」が2020年新モデル『AKシリーズ』を発表 (2019-09-09 19:15)
 Strike Industries製グロック19用の軽量カスタムスライド「ARK」が新発売 (2019-09-05 15:41)
 頭部をクールダウン。SRUがサバゲー向けアイデア商品『エアフローシステム』を開発中 (2019-08-29 13:28)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop