ワルサー、Umarexと北米での経営資源共有を発表

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
米国・アーカンソー州経済開発委員会 (Arkansas Economic Development Commission) は 29日、Walther Arms, Inc. が、同社の米国における事業をアーカンソー州フォートスミス Chaffee Crossing でおこなうことを発表した。同社は、エアソフトと小火器両方の部品製造拡大を表明した Umarex USA と、施設や経営資源の共有を図る。
Umarex USA は、北米市場における著名なドイツ製 エアソフト・空気銃の代名詞的ブランドの RWS を展開する Dynamit Nobel 系列の RUAG Ammotec USA による Umarex Group 買収から始まった企業。現在までに、スポーツ・シューティング製品のデザイン、開発、マーケティングをおこなっており、Beretta や Colt、Smith & Wesson、Hecler&Koch、Ruger、Browning、Makarov など、名立たる実銃ブランドの取り扱いをおこなっていることから日本のエアソフトマーケットでも注目が高まっている。同社は 2010年7月、Chaffee Crossing に 11万7,000平方フィート の施設を新たに創設した。
今回の事業統合により、両社は向こう 5年 において 700万ドル 以上の設備投資を図り、新たに 70~120名 の新規雇用を生み出す計画。拡大された施設は、北米における両社の本社的機能を有することになる。

Arkansas Economic Development Commission 2012/11/29
Arkansas Business 2012/11/29
Umarex USA
About RWS


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに
Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場?
ロシア製短機関銃『PP2000』のガスブローバック版エアソフトを台湾のModify社が開発中
明日香縫製×VTG共催による新イベントゲーム『DISASTERZ(デザスターズ)』が5/1にコンバットゾーン京都で開催
香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売
UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定
 ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに (2019-03-22 10:08)
 Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場? (2019-03-21 16:11)
 ロシア製短機関銃『PP2000』のガスブローバック版エアソフトを台湾のModify社が開発中 (2019-03-15 15:09)
 明日香縫製×VTG共催による新イベントゲーム『DISASTERZ(デザスターズ)』が5/1にコンバットゾーン京都で開催 (2019-03-14 20:31)
 香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売 (2019-03-14 18:25)
 UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定 (2019-03-11 14:01)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop