「ビン・ラディンのAKMS」がCIAミュージアムで展示

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
「ビン・ラディンのAKMS」がCIAミュージアムで展示NBC News によると、米国 Virginia 州 Langley の CIA (Central Intelligence Agency : 米中央情報局) ミュージアムに最近、米軍特殊部隊 (DevGru) により殺害された 9.11 テロの首謀、故 Osama bin Laden 容疑者が使っていた AK ライフルが所蔵に加わったとのこと。公開された AK ライフルの写真を見ると、木製グリップを含めてごく一般的なミリタリーモデルの AKMS (AKM は多くがベークライトグリップ) で外観はベーシックなもの。また、その本体に差し込まれているマガジンは、AK-47 用スチールプレス III 型のものとなっていることが分かる。これは過去、Osama bin Laden 容疑者の姿と共にあった AK ライフルとは別のもので、Abbottabad の邸宅を急襲した作戦の際、3 F の一室から押収されたものとのこと。CIA ミュージアムは、米国の Franklin D. Roosevelt 大統領が第二次大戦下の 1942 年 6 月に設立した戦略諜報局 (OSS : Office of Strategic Services) から現在の CIA の活動に至るまでの冷戦 (Cold War)、テロへの戦い (War on Terror) を通じておこなわれた、秘密工作 (covert action) や機密情報収集 (intelligence gathering) などの歴史、軌跡を紐解く様々な展示品が並ぶ。一般開放はおこなわれておらず、カメラが入ることは珍しいとのこと。

NBC News 2013/07/24
The artifacts of the CIA museum - Slideshows and Picture Stories - NBC News
CIA Museum


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判
「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』
「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る
韓国エアソフトメーカー「GBLS」が2020年新モデル『AKシリーズ』を発表
Strike Industries製グロック19用の軽量カスタムスライド「ARK」が新発売
頭部をクールダウン。SRUがサバゲー向けアイデア商品『エアフローシステム』を開発中
 「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判 (2019-09-18 16:17)
 「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』 (2019-09-12 18:11)
 「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る (2019-09-11 11:28)
 韓国エアソフトメーカー「GBLS」が2020年新モデル『AKシリーズ』を発表 (2019-09-09 19:15)
 Strike Industries製グロック19用の軽量カスタムスライド「ARK」が新発売 (2019-09-05 15:41)
 頭部をクールダウン。SRUがサバゲー向けアイデア商品『エアフローシステム』を開発中 (2019-08-29 13:28)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop